【つくば・新店】洞峰公園にラザニアが人気のMaSiLo cafe(マジロカフェ)

マジロカフェ1

 

2022年6月、つくば市二の宮の洞峰公園の新都市記念館にグランドオープン。

オーナーシェフは同市出身の大井健司さん。

市内のイタリアンレストランで料理人としてスタートした後、イタリア・トスカーナの一つ星レストランで1年間修行。

帰国後、神戸の三つ星スペイン料理店『カ・セント』や銀座京料理『下鴨茶寮』で研鑽を積み、2018年3月にフレンチ『クラージュ』のシェフ、2020年にフレンチ『ahill azabu』シェフに就任。

多様なジャンルの経験や食材と生産農家との出会いは、コロナ禍の外食需要の低下によるフードロスを解消する活動へと繋がり、独立への転機に。

地元つくばで物件を探す中、友人である「TSUKUBA BREWERY」の代表を通して担い手を探していた同施設に出会いました。

 

 

ラザニア赤(ボロネーゼ)・白(チーズ多め)・緑(ヴィーガン)どれにする?

 

マジロカフェ2

 

大人気のラザニアは赤(990円)をチョイス。

ホワイトソース&ミートソース&チーズが濃厚でみんな大好きな味ですよ。

酸味が異なる2種のラペは人参(レモンの果汁)と紫キャベツ(フランボワーズビネガー)。

シャドークイーンのマッシュポテトは塩で甘さを引き立てて。

野菜も彩りだけでなく個性ある一品に。

 

 

リアル感がすごい植木鉢ティラミス

 

マジロカフェ3

 

自然と繋がりがあるもの、と考案した植木鉢ティラミス3種(写真はコーヒー&チョコ660円)。

土に見立ててかけている5種のパウダー(ピスタチオ・エスプレッソ・クランブル・チョコレート・ココア)の食感が新感覚です。

植木鉢での提供はイートイン限定になります。

 

食べやすい!片手で頬張るフォカッチャはジャガイモ入りで冷めてもおいしい

 

マジロカフェ4

 

鉄板の『エビとアボカドのジェノベーゼ(990円)』。

ぷりぷり海老とまろやかなアボカドにガーリックの効いたジェノベーゼソースがしっかりと絡みます。

フォカッチャのイートインはサラダ付きで、テイクアウトは単品でも購入できます。

 

今後メニューは季節の野菜やフルーツに合わせて変化する予定とのこと。

「黒や黄色のラザニアもあるかもね」と大井シェフ。

 

※撮影のためマスクを外しています
※サラダ・付け合わせは仕入れ状況によって内容は変わります
※2022年6月時点の情報です

 

informaition

MaSiLo cafe (マジロカフェ)

住所/茨城県つくば市二の宮2-20 洞峰公園 新都市記念館内

TEL/050-8883-8324

営業時間/9:30〜17:00(LO 16:30)

定休日/木曜日、第一水曜日
※第一水曜日が祝日の場合は二週目
※臨時休業もありインスタでチェック!
駐車場/1000円以上で洞峰公園駐車場の1時間無料券を配布

HP/https://masilo-cafe.com

Instagram/@masilo.doho ※限定メニューも要チェック!

 

アクセスMAP

投稿者プロフィール

ぽちこ
ぽちこ
茨城生まれ・育ちの3児の母。肉と野菜と麺好きです。お蕎麦は大盛りです。つくばの便利・楽しい・ちょっと良いものをお伝えしたいと思います。