【つくば】国道125号線沿いの小さなパン屋さん「BAKERY125」

 

ベーカリー125

 

オープンから間もなく1周年を迎える「BAKERY125」。

店主は、福岡や都内のフランス系のベーカリーで約10年、その後“パンの街つくば”で「ハード系ならココ!」と一目置かれる人気店で経験を積んだ木ノ下淳子さん。

とりわけつくばの店は、パンの種類や味、店の雰囲気も含めて、木ノ下さんが思い描く“自分の店”のイメージにピタリと重なったと言います。

研究学園駅前公園などで毎月開催されるVillage Market Tsukuba(https://villagemarketjp.wixsite.com/tsukuba)出店時には、わずか1時間で売り切れてしまうほどの人気ぶり。

 

 

自分一人で切り盛りできる範囲で、等身大のパン作り

 

 

店頭に並ぶのは、バゲットやカンパーニュなどハード系、クロワッサン、ブレッツェルなど約15種類。

オーガニックのシンプルな材料を使い、自家製酵母で一晩じっくり発酵させた滋味深い味わいが特徴です。カンパーニュなどの大きなパンは、半分や4分の1サイズで買うこともできます。

仕込みから販売まで、すべて一人で切り盛りする木ノ下さん。今後もパンの種類は増やさず、むしろ絞っていくかも?とのこと。

“自分が本当においしいと思うパン”を追求する、まっすぐな姿がとても印象的でした。

 

※2022年5月現在の情報です。

 

 

Information

BAKERY125(ベーカリーイチニゴ)

住所/茨城県つくば市北条5047-2

営業時間/10:00頃~18:00※パンが無くなり次第閉店

定休日/月・火曜 ※2022年5月3日(火)営業、5月6日(金)休業

駐車場/あり

Instagram/baker_y125 https://www.instagram.com/baker_y125/

 

 

アクセスMAP

投稿者プロフィール

そらまる
そらまる
方言キツめエリアのつくば生まれ、つくば育ち。
わが子が思春期を迎え、夜な夜なちゅ~る片手にネコ科の娘たちを溺愛中。
「おいしいもの」が大好きなのに、胃腸軟弱BODYの持ち主です。
自他ともに認める辛口コメンテーター&黙っていても顔に出ちゃうタイプなので、正直な記事をお届けします。