茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > バックナンバー > 1面記事バックナンバー

常陽リビング1面記事バックナンバー

2019年1月


2019年1月28日(月)


遺跡の保存と開発、対立せず
全国に広がった「陸平方式」

全国に広がった「陸平方式」

美浦村の陸平(おかだいら)貝塚が国指定史跡となり、2018年で20年の節目を迎えた。さかのぼること昭和の終わり。バブル景気で全国各地の遺跡に開発の波が押し寄せる中、文学を志した同志が意気投合。遺跡の保存と地域の開発振興を対立させずに残された、陸平貝塚三十余年の回想録。


2019年1月21日(月)


父はいつでも「そばにいるよ」
夕焼け空、やさしい赤色

夕焼け空、やさしい赤色

つくば市内の住宅街に母娘が切り盛りするささやかな手作りカレー店が開店し、間もなく1年を迎える。自宅を改装した店のキッチンには、3年前に亡くなった小児外科医齋藤浩さんの写真が飾られ、「生きることは食べること」と料理を振る舞う母娘を傍らでいつも見守っている。


2019年1月12日(土)


ウェブサイト「茨城王」主宰 青木 智也さん
面白く使う、仲良くなれる

面白く使う、仲良くなれる

県内に散らばる約1200の方言を集めて解説するウェブサイトを軸に、執筆やラジオ、音楽活動など多彩な方法で茨城をPRしている青木智也さん。時代の流れと共に廃れたり変化していく方言を「楽しく生かす」活動は、今年で22年目を迎える。


2019年1月4日(金)


漫画家 羽賀 翔一さん
本を閉じれば、世界が変わる

本を閉じれば、世界が変わる

昭和初期に刊行された吉野源三郎著『君たちはどう生きるか』の漫画化で注目の羽賀翔一さん。昨今の出版不況の中で累計200万部超のヒットとなったが、誰もが感じる日常の疑問を丹念にすくい上げ作品に昇華させる姿勢は変わらない。「考え続ける」漫画家のこれまでと、これから。


Joyoliving News 1面記事バックナンバー
このページのトップへ

 

Ads by Google


facebookページ「つくスタ情報局 〜つくばスタイルの魅力発信!〜」
注目の記事
  1. 龍ケ崎市の朝田紙店が主宰する「和紙おりがみ教室」作品展が、6月22日(土)・23日(日)三越牛久店アートギャラリーで開かれる。
  2. プロ野球イースタン・リーグ公式戦「北海道日本ハムファイターズ対読売ジャイアンツ」が、6月22日(土)土浦市J:COMスタジアム土浦、23日(日)龍ケ崎市たつのこスタジアムで開催される。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 「焼」と「生」専用
  2. 京成百貨店「お中元ギフトセンター」
  3. 脂肪肝を減らす方法や運動療法を学ぶ
  4. 「低強度運動教室」
  5. つくば、フレンチの名店「存続させたい」
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー
「常陽リビングニュース」アクセスランキング