常陽リビング
印刷表示
Joyoliving News : 2022年01月19日掲載

阿見町産米ミルキークイーン使用「地酒開発プロジェクト」

純米大吟醸酒や米麹の甘酒など商品化

純米大吟醸の香りをチェックする浦里酒造店杜氏の浦里さん
純米大吟醸の香りをチェックする浦里酒造店杜氏の浦里さん

阿見町では、同町産の食用米を使った地酒「桜翔」の一般販売に向けて、このほど醸造を手掛ける浦里酒造店(つくば市)で酒蔵見学会が行われた。

コロナウイルス感染拡大の影響でひっ迫する飲食店の支援を目的に、阿見町初の地酒「桜翔」を造り、町内飲食店にて無償で振る舞ったところ、購入・販売を望む声が町へ多く寄せられたのを機に2021年に「地酒開発プロジェクト」がスタート。

東京農業大学(東京)と浦里酒造店、JA水郷つくば、町内事業者、阿見町など産官学が一体となり、今年度は純米大吟醸酒と併せて米麹の甘酒の商品化にも着手。

同町産米のミルキークイーンと東京農業大学の花酵母プリンセスミチコを使用したフルーティで甘みのある純米大吟醸酒「桜翔」は2月頃に初絞りを販売予定、米麹の甘酒は4月頃を目処に一般販売を目指す。

「ミルキークイーンの粘りともっちりした甘みは米麹の甘酒にはピッタリですが、純米大吟醸酒は初の試み。初絞りが楽しみです」と杜氏の浦里知可良さん。

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

記事配信 [ 2022-01-19 09:00:54 ]
ソーシャルサービスで共有:
「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2022-05-24更新 ]
  1. 不登校やいじめ、発達の遅れなど周囲には打ち明けにくい子育ての不安や悩みを気軽に相談できる「子育ち相談センターぶどうの木」が、このほど茨城YMCAみどりのセンター本館にオープンした。
  2. かすみがうら市のコミュニティカフェ・アートの森では、毎月第4土曜日に「子ども食堂」を実施している。
  3. つくば文化振興財団では、6月9日(木)にノバホールで独り芝居「月夜のファウスト」を開催する。
  4. 素話(すばなし)や絵本を楽しむ「大人のためのおはなし会」が5月28日(土)、牛久市立中央図書館で開かれる。
  5. 「やっと完成しましたよ」。牛久市の加瀬柾夫さんは、模型の牛久シャトーを前に顔をほころばせた。
  6. 1933(昭和8)年に建てられた龍ケ崎市の旧高松邸石蔵で、5月22日(日)まで「シルクロードウイグル伝統工芸品展」が開かれている。
  7. かすみがうら市歴史博物館で5月22日(日)まで、企画展「霞ヶ浦の鯉文化」が開かれている。
  8. 真宗高田派専修寺関東別院つくば分院では、つくば市で初めて認可された室内納骨堂「涅槃堂永代納骨壇」の受け付けをしている。
  9. 国内外で活躍するギタリスト木村大がプロデュースする 「木村大ミュージックラボ(通称:キムラボ)」が6月10日(金)に、JR土浦駅ビル・プレイアトレ3階に開校する。
  10. 茨城県陶芸美術館では、令和3年度に新しく収蔵した作品を展示する「新収蔵品展」を5月18日(水)〜9月25日(日)まで開催する。
Ads by Google

注目の記事

最新の特集

PAGE TOP