常陽リビング
地図表示 印刷表示
Joyoliving News : 2021年12月10日掲載

ふるさと納税の返礼品「電子感謝券」で飲食店などを応援

守谷市の飲食店などで利用可能

守谷市のホームページより
守谷市のホームページより

生まれ故郷や応援したい自治体へ寄附することで一定額の税金が還付・控除され、さらに寄附した地域から特産品などの返礼品がもらえる「ふるさと納税」。守谷市では2016年に返礼品を拡充し、市内で作られるビールや乳製品などの返礼品が人気を集めてきた。そして昨年から、寄附額の30%分をポイントで付与する店舗利用オンラインチケット「電子感謝券」が返礼品に加わった。

5000円の寄附からポイントが付与され、1ポイント1円として市内加盟店での食事やサービスの提供を受けられる。市の担当者は「近隣地域の方が守谷市を訪れるきっかけにしたい。コロナ禍でダメージを受けた市内事業者の支援につながれば」と話す。電子感謝券の導入は県内では2例目になる。

利用は、ふるさと納税ポータルサイト「ふるさとチョイス」に会員登録し希望の金額を寄附。スマートフォンから店舗に設置された二次元コードを読み込んで利用できる。

有効期間は1年だが、寄附するごとに期間が延長されるので複数年かけてポイントを積み立てることも可能。12月現在の加盟店は53店舗。市では更なる需要の拡大を見込み、加盟店を増やしていく予定。

■ 問い合わせ
0297(45)1111/守谷市ふるさと納税グループ

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

地図表示 印刷表示
記事配信 [ 2021-12-10 08:45:46 ]
ソーシャルサービスで共有:
「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2022-05-25更新 ]
  1. 不登校やいじめ、発達の遅れなど周囲には打ち明けにくい子育ての不安や悩みを気軽に相談できる「子育ち相談センターぶどうの木」が、このほど茨城YMCAみどりのセンター本館にオープンした。
  2. 「やっと完成しましたよ」。牛久市の加瀬柾夫さんは、模型の牛久シャトーを前に顔をほころばせた。
  3. かすみがうら市のコミュニティカフェ・アートの森では、毎月第4土曜日に「子ども食堂」を実施している。
  4. 1933(昭和8)年に建てられた龍ケ崎市の旧高松邸石蔵で、5月22日(日)まで「シルクロードウイグル伝統工芸品展」が開かれている。
  5. かすみがうら市歴史博物館で5月22日(日)まで、企画展「霞ヶ浦の鯉文化」が開かれている。
  6. つくば文化振興財団では、6月9日(木)にノバホールで独り芝居「月夜のファウスト」を開催する。
  7. 素話(すばなし)や絵本を楽しむ「大人のためのおはなし会」が5月28日(土)、牛久市立中央図書館で開かれる。
  8. 真宗高田派専修寺関東別院つくば分院では、つくば市で初めて認可された室内納骨堂「涅槃堂永代納骨壇」の受け付けをしている。
  9. 国内外で活躍するギタリスト木村大がプロデュースする 「木村大ミュージックラボ(通称:キムラボ)」が6月10日(金)に、JR土浦駅ビル・プレイアトレ3階に開校する。
  10. 茨城県陶芸美術館では、令和3年度に新しく収蔵した作品を展示する「新収蔵品展」を5月18日(水)〜9月25日(日)まで開催する。
Ads by Google

注目の記事

最新の特集

PAGE TOP