地図表示 印刷表示
Joyoliving News : 2021年07月05日掲載

七夕飾りで児童にエール

牛久市岡田小地区社協

「私たちも子どもに戻って楽しんでいます」と会員ら
「私たちも子どもに戻って楽しんでいます」と会員ら

登下校の付き添いなどを通して児童らの見守り活動を行う牛久市岡田小地区社会福祉協議会の有志が、このほど岡田小学校の正門前に手作りの七夕飾りを施した。

学校裏の雑木林から切り出した3本の竹に折り紙やバルーンアートで作った色とりどりの飾りを取り付け、短冊には「じどうしゃに気をつけてかえってくださいね」「みんなのえがおが毎日みられますように」など児童たちへのメッセージを添えた。

発起人の五十嵐ユキイさん(70)は「コロナ禍でも元気に学校に通う子どもたちにエールを送ろうと企画しました」。地域の大人たちがどのような思いでいるのかを短冊を通して伝え、子どもたちとのつながりを深めるきっかけにしたいと話す。

下校途中に七夕飾りを見た1、2年の児童は、「七夕! 七夕だ!」と次々と元気な声を上げ「ありがとうございます!」とあいさつ。同校の萩原知樹教頭(50)は、「このように地域の方に学校の環境を整えてもらえるのは大変ありがたい。近所付き合いが希薄な今、家族以外の大人と関わることは子どもたちにとってもよい経験」と感謝を口にした。

同会では2021年6月上旬、校庭脇の通学路の花壇にありがとう(サンキュー)の気持ちを込めて39本のベコニアを植えた。散歩する人が水やりをするなど、児童に限らず地域住民との交流の場にもなりつつある。

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

地図表示 印刷表示
記事配信 [ 2021-07-05 09:00:10 ]
ソーシャルサービスで共有:
「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2021-09-23更新 ]
  1. 有田焼や信楽焼、美濃焼など有名産地の焼き物を集めた「第21回牛久全国大陶器市」が、9月26日(日)まで牛久市の牛久大仏特設会場で開かれている。午前10時〜午後5時半(26日4時終了予定)。入場無料。
  2. 筑波大学発の研究成果活用企業「THF」が、30〜59歳の労働者を対象とした有償研究協力者200人を募集している。
  3. 阿見町岡崎のブーランジェリー「コクスィネル」がこのほど、サンドイッチが主役の店にリニューアルした。
  4. 「こだわりラーメン・ゆきむら亭」などを運営する雪村の餃子無人直売所が人気を博している。
  5. 公園墓地のグリーンメモリアムつくばでは、「秋のお彼岸イベント」を23日(祝)、同所管理棟で開催する。
  6. つくばビジネスカレッジ専門学校ビジュアルデザイン学科の学生6人が、県薬剤師会学校薬剤師部会と日本大学薬学部薬剤師教育センターの「くすり教育教材キャラクター」のデザインを担当した。
  7. ドローンの操縦や運行上の安全に関する知識などを学ぶスクールが、10月9日(土)・10日(日)・16日(土)・17日(日)に阿見町民体育館とドローン産業本社講義室(土浦市大和町)で実施される。
  8. 1930年から15年間続いた予科練はパイロットを養成するための教育機関。全国から約24万人が入隊し、うち約2万4千人が予科練を卒業して実戦部隊へと進み、約8割の約1万9千人が戦死した。
  9. 現在臨時休館中の水戸芸術館は、コロナ禍で外出自粛が求められる中、心の安らぎや喜びを届けようとオーディオドラマや過去のコンサート映像などが視聴できる「おうちで楽しむ水戸芸術館」の無料配信を行っている。
  10. JAつくば市の「新米特売」が、桜、筑波、四季の郷の各直売所と茎崎グリーンショップで開催される。
Ads by Google

注目の記事

茨城・千葉・東京の婚活は結婚相談所LiBee Marriage(リビーマリッジ)

最新の特集

つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
PAGE TOP