印刷表示
Joyoliving News : 2021年06月03日掲載

高断熱・高気密の低燃費な家を実現

To Casa 家づくり相談受け付け中

断熱性能や気密性能を重視し、快適な低燃費住宅を提案するTo Casa(トゥーカーサ)では、家づくり相談を受け付けている。

省エネ住宅先進国のドイツを超える断熱性能や気密性能を標準仕様にしている同社は、「2×4工法」よりサイズが大きい構造材の「2×6工法」を使用し、強度と断熱性を両立。

断熱材は自然素材の羊毛系断熱材ウールブレスを使用し、家全体をすっぽり覆うW断熱(外張断熱)で省エネ効果を高め、高断熱・高気密の低燃費な住まいを実現している。

「地震の多い地域だからこそ求められる耐震性能は、構造計算(許容応力度計算)による​耐震等級3の設計が標準です。省エネ効果も大きく、一年を通して快適な住環境を保ち住まいの劣化を防ぐことができます」と担当者。

予約制。

希望者は電話またはホームページから申し込む。
https://www.tocasa.co.jp/contact/
 
■申し込み・問い合わせ
0297(21)3838(つくばみらい市台940-1)

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

記事配信 [ 2021-06-03 08:30:29 ]


関連サイト

 

ソーシャルサービスで共有:
「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2021-06-15更新 ]
  1. つくばで小児がんの子どもとその家族をサポートする会主催の「第4回小児がん支援のためのレモネードスタンド」が、6月12日(土)と13日(日)、つくば市で行われる。
  2. メロン生産量日本一の鉾田市で約60年に渡りメロン栽培に取り組む深作農園では、完熟メロンを7月下旬まで販売している。
  3. キルトスタジオA-two主催の「パッチワークキルト展」が6月15日(火)〜20日(日)までつくば美術館で開かれる。
  4. フルーツショップaokiつくば店では、フルーツマイスターが厳選した旬のフルーツを集めた「お中元フェア」を開催している。
  5. かすみがうら市歴史博物館で、幕末から明治にかけて近代国家の発展に貢献したかすみがうら市ゆかりの7人を紹介する企画展「新時代への夜明け―水戸藩の影響を受けた志士たちの明治維新」が、7月4日(日)まで開かれている。
  6. どら焼きの「志ち乃」土浦本店とつくば学園店では、毎年恒例の夏季限定商品「アイス生どら」を2021年9月上旬まで販売している。
  7. つくば市の真言宗豊山派金剛山安福寺では6月14日(月)に、「青葉まつり」を実施する。
  8. つくば市産のブルーベリーを使ったサイダーがこのほど誕生した。立役者は下妻市で100年以上続く酒屋を営む鈴木一春さん。「筑波山麓シリーズ」と銘打ち、これまでに下妻市のナシやメロンをはじめ桜川市のユズや筑西市のイチゴを使ったサイダーを生み出してきた鈴木さんが新たに挑戦したのが、つくば市のブルーベリーだった。
  9. 紙上写真館「リビング寫眞館」、今回のテーマは「梅雨」。しっとりとした“日本の梅雨”を感じられる写真が紙面を飾ります。今回もたくさんの力作がそろいました。どうぞごゆるりとご鑑賞ください。
  10. 英語による幼児教育や学童保育を行うキッズクリエーションつくばでは、来年度の入園・入会者を対象とした「幼稚園コースオープンスクール」と「英語学童保育説明会」を開催する。
Ads by Google

注目の記事

茨城・千葉・東京の婚活は結婚相談所LiBee Marriage(リビーマリッジ)

最新の特集

つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
PAGE TOP