地図表示 印刷表示
Joyoliving News : 2021年02月24日掲載

つくばのNPO「不用PC・タブレット寄付して」

生活困窮家庭の児童、オンラインで学習機会を

市民から不用パソコンを受け取る森理事長=2月5日、つくば市島名
市民から不用パソコンを受け取る森理事長=2月5日、つくば市島名

生活困窮家庭のための学習支援を行っているNPO法人居場所サポートロベ(森美智子理事長)が、不用になったパソコンやタブレット端末の寄付を呼び掛けている。

同NPOは2016年からつくば市内3カ所で小学生~高校生対象の学習支援を無料で行っており、無料塾には3教室合わせて延べ85人が通っている。コロナ禍の3密回避で集まれなくなった子どもたちのためにオンラインでの学びの場を提供しようと、昨年春の緊急事態宣言直後から不用なパソコンやタブレットの寄付を呼び掛けてきた。

県社協の助成金等も利用しこれまで14台を集め受験生らに貸し出しているが、自宅にWi-Fi環境がない家庭も多く、オンラインで自宅学習ができているのは3~4人ほど。台数が増えれば、発達障害児や外国人の児童生徒でも画像や音声で簡単に学べる学習ソフトを導入したパソコンやタブレットで学力アップの機会が増やせるとみられている。

この日、都内に住む母親が使わなくなった新品同様のノートパソコンを持参した女性は「処分するにも困っていた。子どもたちのために有効利用してほしい」と話した。森さんは「子どもたちの学力の底上げに使いたい。処分に困っていれば是非連絡してほしい」と話している。パソコンはデスクトップ・ノート型にこだわらないが、インターネットやWi-Fiが正常に作動するもの。同法人に持参のほか郵送でも受け付ける。

■問い合わせ
029(886)9318/ロベ(つくば市島名2298 X-STAGE1F006号)

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

地図表示 印刷表示
記事配信 [ 2021-02-24 08:30:19 ]
ソーシャルサービスで共有:
「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2021-03-03更新 ]
  1. ホテル日航つくばのレストラン「セリーナ」では、「お家でぜいたくランチ」をコンセプトにした新しいテイクアウトメニューが登場した。
  2. 茨城県次世代エネルギーパークとつくばラジコンパークのコラボ企画「ラジコンカーからエネルギーを学ぼう!」が3月28日(日)に開催されるにあたり、参加者を募集している。
  3. 水郷を描いた日本画家・根本正の作品展が、3月15日(月)まで新治ショッピングセンターさん・あぴおで開かれている。入場無料。
  4. 茨城県内で最大震度5弱の揺れが襲った去る2月13日午後11時7分ごろ、東日本大震災を彷彿させる震度6強を観測する地震が福島県と宮城県で発生し、地震速報が全国を駆け巡った。奇しくも震災から10年の節目に起きた大規模な余震を機に、改めて災害への備えを考える。
  5. ノーブルホームでは、「動線と収納にこだわった暮らしやすい平屋」の見学会を、3月6日(土)と7日(日)に守谷市板戸井で実施する。午前10時〜午後4時。要予約。
  6. 木の特色を生かした上質な住まいを提案する住友林業では、3月6日(土)と7日(日)午前10時〜と午後2時〜、「四半期決算大相談会」を開催する。参加無料。
  7. 新日本補聴器センター土浦店では、3月3日の「耳の日」に合わせた春の相談会を3月31日(水)まで開催している。
  8. Jリーグをはじめ、オランダやイングランドでプレーしたカレン・ロバートが主宰する「北総ローヴァーズFC」では、第2回セレクションを3月14日(日)、フッティパーク印西で開催する。
  9. 生活困窮家庭のための学習支援を行っているNPO法人居場所サポートロベが、不用になったパソコンやタブレット端末の寄付を呼び掛けている。
  10. レストラン「ミルフルール」が、テイクアウトメニュー「牛すじ肉のスパイシーカレー」をこのほど新発売し、好評を得ている。
Ads by Google

facebookページ「つくスタ情報局 ~つくばスタイルの魅力発信!~」

注目の記事

茨城・千葉・東京の婚活は結婚相談所LiBee Marriage(リビーマリッジ)

最新の特集

つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
PAGE TOP