2021年1月13日(水)

疫病退散の祈り込め どんど焼き

1月17日、みずほ村市場で

Loading...
どんど焼き(イメージ写真)
どんど焼き(イメージ写真)

みずほの村市場では、五穀豊穣や無病息災の祈りを込めた「どんど焼き」を、1月17日(日)に開催する。悪天候の場合は24日(日)に延期となる。時間は午前10時から午後2時。

当日は午前11時半に祈祷し、正午に点火、午後12時半からお焚き上げの火で餅を焼く。お焚き上げでの火で焼いて食べる餅やつくば鶏の炭火焼き鳥、低温殺菌牛乳を販売するほか、たこ焼きやクレープ、肉巻おにぎりのキッチンカーも出店する。

家庭の正月飾りやお札、だるまなどの受け入れは、1月16日が午前9時から午後6時まで店舗横のハウス、17日が午前9時から11時半まで会場で受け付ける。

「今年のお正月行事は、1月14日のならせ餅に続いて、どんど焼きも実施します。疫病が退散して今年は良い年にしたいものです」とスタッフ。

営業時間/午前9時〜午後6時、無休。

■ 問い合わせ
Tel 029(856)1090/みずほの村市場(つくば市柳橋496)

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

記事配信 [2021-01-13 08:30:09]

株式会社常陽リビング社 常陽リビング