2020年7月31日(金)

「和」の祭りや被災地走る電車の大ジオラマ

カスミ「わたしの企画」採択発表会

Loading...

市民の夢やアイデアを形にし、地域活性化を後押しする「第28回わたしの企画」の採択企画が決まり、このほどつくば市西大橋のカスミつくばセンターで発表会が開かれた。

今年は23件の応募の中から「筑波大生と似顔絵を描こう」「常磐線。海にそって343?大ジオラマ〜つながる、いばらき、ふくしま、みやぎ、みらい〜」「わっしょい!ワッショイ!和祭(わっさい)」の3企画のほか、審査員特別賞に「一護一笑〜ちぎり絵の里から〜」が選ばれた。新型コロナウイルス感染拡大防止を目的に賞状と花束の授与は行わず審査員がソーシャルディスタンスを保って講評。企画者らは同社の小濱裕正会長と「エア・グータッチ」で受賞の喜びを分かち合った=写真。

続く発表会では即興の似顔絵や和太鼓演奏などが行われた。審査員の石塚敏之さんは「厳しい環境の中でも表現することは大事。企画の開催時期は今のところ未定だが、開催できるよう見守っていきたい」とエールを送った。

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

記事配信 [2020-07-31 15:30:26]

株式会社常陽リビング社 常陽リビング