地図表示 印刷表示
Joyoliving News : 2020年08月12日掲載

霞ケ浦湖畔に宿泊施設オープン

水辺のアクティビティ用「浮桟橋」も設置

遊覧船から降車するサイクリスト=7月22日、かすみがうら市歩崎
遊覧船から降車するサイクリスト=7月22日、かすみがうら市歩崎

造り酒屋の風情を残す「江口屋」

茨城百景にも選ばれている景勝地・かすみがうら市歩崎公園前にこのほど浮桟橋が完成。併せて霞ケ浦湖畔に古民家風の宿泊施設もオープンした。

完成した浮桟橋は湖岸から50mほど突き出ており、遊覧船停泊や観光帆引き船の乗船などに利用。「つくば霞ヶ浦りんりんロード」の拠点となる同市交流センターから船で湖岸を回遊し自転車で観光するほか、付随する補助桟橋でボートやカヌーを楽しむことなどを想定している。

歩崎公園向かいにオープンした古民家風宿泊施設「江口屋」は、明治後期に建てられた造り酒屋を改装。かまどで炊き上げたご飯や霞ケ浦で獲れたワカサギヤシラウオなどが味わえ、県内の地酒10銘柄の飲み比べもできる。

主に首都圏からの客を想定し、薪割りやソーセージ作り、石窯でのピザ作り、漁の見学など体験プログラムを充実させている。1泊朝食付き大人(中学生以上)7000円、小学生4000円、3歳〜小学生未満1000円、3歳未満無料。

浮桟橋と宿泊施設の指定管理を行うかすみがうら未来づくりカンパニーの今野浩紹代表は「今後も魅力的な体験プログラムを増やし、市のブランド力を向上させていきたい」と話した。

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

地図表示 印刷表示
記事配信 [ 2020-08-12 18:00:27 ]
ソーシャルサービスで共有:
「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2020-10-01更新 ]
  1. 「第27回松本清張賞」を受賞した、阿見町出身の千葉ともこさんの作品『震雷の人』が、全国の書店などで販売されている。
  2. つくば市赤塚の真宗高田派専修寺関東別院つくば分院の「涅槃堂」が、このほど完成した。
  3. 茨城県内の銘酒を気軽に楽しめる「いばらき地酒バー」がTXつくば駅にオープンして1周年を迎え、10月1日(木)に記念セレモニーが行われる。
  4. 全国有名産地の焼き物を集めた「第20回牛久全国大陶器市」が、9月27日(日)まで牛久市久野町の牛久大仏特設会場で開かれている。
  5. 開店7周年を迎えた予約制個室宴会レストラン「さくらガーデン」が、秋の味覚満載の記念コースを提供している。
  6. 和楽器ユニット・Rin’の「光明〜未来へ〜」と題したライブが、10月10日(土)午後5時から龍ケ崎市の大昭ホール龍ケ崎で開かれる。
  7. 茨城県障害者スポーツ・文化協会が、12月3日(木)から水戸市の県民文化センターで開かれるナイスハート美術展の出展作品を募集している。
  8. 筑波大発のベンチャー企業「Waisportsジャパン」が、子どもの体力維持・向上に役立つ動画を作成。保護者に向け配信を開始した。
  9. 医療従事者や社会生活を支えるエッセンシャルワーカーに感謝を込めた「虹の絵」の展覧会が、9月28日(月)までつくば市洞峰公園内新都市記念館で開かれている。
  10. おかげさまでご好評をいただいております、紙上写真館「リビング寫眞館」。今回もたくさんの“とっておき”写真が、読者から寄せられました。皆さま、どうぞごゆるりとご鑑賞ください。
Ads by Google

女性ライフスタイル情報紙「Chou*Chou」

注目の記事

イベントカレンダー

facebookページ「つくスタ情報局 ~つくばスタイルの魅力発信!~」

最新の特集

つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
PAGE TOP