印刷表示
Joyoliving News : 2020年07月31日掲載

林真紀さん『キッズライクアス』CFで資金集め翻訳・出版

自閉症スペクトラム障害の高校生が主人公

「子どもと一緒に学びながら乗り越えていきたい」と話す林さん=6月2日、つくば市内で
「子どもと一緒に学びながら乗り越えていきたい」と話す林さん=6月2日、つくば市内で

フリーランスの翻訳者・林真紀さん(つくば市在住、43歳)が、自閉症スペクトラム障害の高校生の恋愛を描いた小説『キッズライクアス』(サウザンブックス社)を邦訳。自身も発達障害の子育てをする経験を基にクラウドファンディング(CF)で資金を集め、このほど出版した。

横浜市出身の林さんはより良い子育て環境を求めて7年前つくばに転入。入園式でパニックを起こしたわが子が発達障害と診断され「正直ほっとした」。ありとあらゆる療育を試し、「ありのまま」を認めることにたどりついた。

大学の論文などの翻訳を手掛ける中、原書と出合ったのは2年前。自閉症スペクトラム障害を持ちロサンゼルスの「特別な高校」に通うマーティンは、映画監督の母と共に夏休みをフランスの田舎町で過ごす。初めて過ごす「普通の高校」でフランス人の女の子に恋したマーティンは自分を取り巻く世界をプルーストの『失われた時を求めて』の文脈で解釈するが、次第に友達や彼女が生身の人間であることに気付き始める…。

物語は、主人公と似た葛藤を抱え、周囲に合わせた「普通の子」を演じていた現実のわが子に重なり、人付き合いが苦手だった自らの来し方にも思いを巡らせた。3カ月掛けて一気に翻訳し売り込んだが、一般的に「マイノリティのテーマ」を扱う本は出版社も発刊に二の足を踏むことが多く、林さんは独自にCFサイトを立ち上げ資金を調達。目標金額を大幅に超えこのほど出版にこぎつけた。林さんは「『(子どもが)生まれて来なければ…』という思いから私の世界を変えてくれた本。他者の生きづらさを想像するきっかけになれば」と話している。

本はネット販売のほか、つくば市内の友朋堂書店吾妻店、TSUTAYA LALAガーデンつくばで取り扱い中。

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

記事配信 [ 2020-07-31 16:33:29 ]
ソーシャルサービスで共有:
「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2020-08-13更新 ]
  1. 木材やプランクトンなど動植物から生まれた再生可能なエネルギー「バイオマス」について学ぶ親子バスツアーが、8月20日(木)に実施される。
  2. まっくら観音で知られる勝福寺恒例の「まっくら観音ご縁日」が、8月9日(日)同寺で行われる。
  3. 茨城百景にも選ばれている景勝地・かすみがうら市歩崎公園前にこのほど浮桟橋が完成。併せて霞ケ浦古民家風の宿泊施設もオープンした。
  4. 現在、茨城県内の美術館ではさまざまな企画展が開催されています。誰もが知っているあの名作、元気をくれるかわいいイラスト、近現代陶磁史を彩る名品など眼福を味わえるものばかり。今回は各展の魅力を“ちょっとだけ”ご紹介します。
  5. 原爆の恐ろしさを伝え被爆者援護の輪を広げる「2020原爆と人間展」が、8月9日(日)まで土浦市の県南生涯学習センターで開かれている。
  6. 新型コロナウイルス感染症の影響で外出もままならない園児らに思い出をつくってもらおうと、このほどつくば市の島名保育園でポニーの乗馬体験が開かれた。
  7. みずほの村市場が、「ひまわり迷路&夏野菜収穫体験」を8月23日(日)まで実施している。
  8. 「TSUKUBA学びの杜学園」が、高等部後期入学生・転編入生を募集している。
  9. 映画「新聞記者」の原案者として話題を集めた記者を追ったドキュメンタリー映画「i 新聞記者ドキュメント」が、8月15日(土)クラフトシビックホール土浦で上映される。
  10. 縄文土器を研究・制作する上高津貝塚土器づくりの会の20周年記念展「縄文の美〜彩と艶」が、8月18日(火)〜23日(日)までアルカス土浦で開かれる。
Ads by Google

facebookページ「つくスタ情報局 ~つくばスタイルの魅力発信!~」

注目の記事

イベントカレンダー

イベントを検索する
女性ライフスタイル情報紙「Chou*Chou」

最新の特集

つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
PAGE TOP