印刷表示
Joyoliving News : 2020年07月31日掲載

林真紀さん『キッズライクアス』CFで資金集め翻訳・出版

自閉症スペクトラム障害の高校生が主人公

「子どもと一緒に学びながら乗り越えていきたい」と話す林さん=6月2日、つくば市内で
「子どもと一緒に学びながら乗り越えていきたい」と話す林さん=6月2日、つくば市内で

フリーランスの翻訳者・林真紀さん(つくば市在住、43歳)が、自閉症スペクトラム障害の高校生の恋愛を描いた小説『キッズライクアス』(サウザンブックス社)を邦訳。自身も発達障害の子育てをする経験を基にクラウドファンディング(CF)で資金を集め、このほど出版した。

横浜市出身の林さんはより良い子育て環境を求めて7年前つくばに転入。入園式でパニックを起こしたわが子が発達障害と診断され「正直ほっとした」。ありとあらゆる療育を試し、「ありのまま」を認めることにたどりついた。

大学の論文などの翻訳を手掛ける中、原書と出合ったのは2年前。自閉症スペクトラム障害を持ちロサンゼルスの「特別な高校」に通うマーティンは、映画監督の母と共に夏休みをフランスの田舎町で過ごす。初めて過ごす「普通の高校」でフランス人の女の子に恋したマーティンは自分を取り巻く世界をプルーストの『失われた時を求めて』の文脈で解釈するが、次第に友達や彼女が生身の人間であることに気付き始める…。

物語は、主人公と似た葛藤を抱え、周囲に合わせた「普通の子」を演じていた現実のわが子に重なり、人付き合いが苦手だった自らの来し方にも思いを巡らせた。3カ月掛けて一気に翻訳し売り込んだが、一般的に「マイノリティのテーマ」を扱う本は出版社も発刊に二の足を踏むことが多く、林さんは独自にCFサイトを立ち上げ資金を調達。目標金額を大幅に超えこのほど出版にこぎつけた。林さんは「『(子どもが)生まれて来なければ…』という思いから私の世界を変えてくれた本。他者の生きづらさを想像するきっかけになれば」と話している。

本はネット販売のほか、つくば市内の友朋堂書店吾妻店、TSUTAYA LALAガーデンつくばで取り扱い中。

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

記事配信 [ 2020-07-31 16:33:29 ]
ソーシャルサービスで共有:
「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2020-10-23更新 ]
  1. 家具専門店・染谷家具守谷店が、「愛着のある家具を蘇らせよう」をテーマに家具の修理を受け付けている。
  2. 子どもたちに野球の楽しさを伝える「星空野球教室」が、11月3日(祝)下妻市の観桜苑で開かれる。
  3. 土浦市の「ワンニャンパラダイス」が、11月1日(日)まで在庫一掃処分セールを実施している。
  4. 「アマビエつちまる」のロゴが入ったマスクが、10月19日から土浦市まちかど蔵「大徳」ときらら館で販売される。
  5. 椿屋商事が、つくば市上原と同市倉掛で宅地を販売している。
  6. 創業30周年を迎えたみずほの村市場恒例の「村まつり」が、10月24日(土)と25日(日)に開かれる。
  7. クレイン竜ケ崎が、オープン25周年を記念し「乗馬試乗会&森林おさんぽ体験2日コース」を本紙読者限定特別価格で提供する。
  8. 歯科医師に悩みを相談できる電話相談が、11月15日(日)午後1時〜4時に行われる。
  9. 看板絵師の井桁豊さんの最後の個展となる展示会が、10月18日(日)〜31日(土)までつくば山水亭で開かれる。
  10. 若年投票率の向上を目標に掲げる「NPO法人ドットジェイピー」では、つくば市長選・市議選に合わせたプロジェクト「センキョ割」を開始した。
Ads by Google

女性ライフスタイル情報紙「Chou*Chou」

注目の記事

イベントカレンダー

facebookページ「つくスタ情報局 ~つくばスタイルの魅力発信!~」

最新の特集

つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
PAGE TOP