2020年7月21日(火)

「競技のすそ野、広げたい」

風になれ!ウィンディー筑波

丸山さんの愛称は「もじゃ吉」 =5月18日、つくば市北条のクラブハウスで
丸山さんの愛称は「もじゃ吉」 =5月18日、つくば市北条のクラブハウスで

筑波山をバックにチームメイトで(ウィンディー筑波提供)

つくば市北条に拠点を置く自転車のロードレースチーム「ウィンディー筑波」。選手兼監督として指揮を執る丸山孝行さんは、自転車好きなら誰もが競技に挑戦できる受け皿を整備しながらアマチュアのトップを目指している。

選手のほか補給や整備、マッサージなどサポート陣も含めると総勢14人のチームを率いて4年目。「夜練」と称する毎晩の練習に加え週末には霞ケ浦100キロメートル走行で脚力を鍛えている。

東京出身の丸山さんが自転車を始めたのは22歳の時。通勤費の節約になればと軽い気持ちで始め、長距離の自転車旅行「ブルベ」にはまった。

7年前、結婚を機に土浦へ引っ越し愛車の整備で訪れたショップで出会った「ウィンディー」の前身チームを運営面でサポート。2016年のシーズン終了後に監督就任を要請され、今では自身もプレイングマネージャーとして仲間と共に汗を流す。

目下の目標はチームの全日本選手権出場に加え、「自転車を購入したが走らせる場所や成長できる環境がない」など初心者が陥りやすいミスマッチの解消。丸山さんは「競技者のすそ野を広げたい。月1回の体験会にぜひご参加ください」と呼び掛けている。

体験会等の詳細はHP「ウィンディー筑波」で検索。

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

記事配信 [2020-07-21 10:30:27]

株式会社常陽リビング社 常陽リビング