地図表示 印刷表示
Joyoliving News : 2020年06月19日掲載

魚食文化ひも解く「鯉する霞ケ浦」展

7月5日まで、かすみがうらで開催中

はく製ほか、上高津貝塚(土浦市)から出土した咽頭骨も並ぶ
はく製ほか、上高津貝塚(土浦市)から出土した咽頭骨も並ぶ

食用だけでなく、霞ケ浦沿岸の祭礼や縁起物として扱われたコイの歴史や文化を学ぶ企画展「鯉する霞ケ浦」が、7月5日(日)までかすみがうら市歴史博物館で開かれている。午前9時〜午後4時半。

養殖生産量全国1位、『常陸国風土記』にも記載され江戸時代は「ブランド鯉」として名をはせた霞ケ浦のコイ。「母乳の出が良くなる」とされるコイの薬効を記した中国の医学書『本草綱目』のほか、湖の生態系を守るために霞ケ浦四十八津(48カ所の港町)で取り決めた掟書、水戸藩の漁場「玉里御留川」から毎年将軍家に献上されたコイの書状や地引網の様子が描かれた絵などを展示。

高度経済成長で急速に変化した霞ケ浦の自然環境を描き続けた日本画家・小林恒岳の作品も並ぶ。

6月28日(日)午後1時半からは「霞ヶ浦の鯉の歴史と文化」と題し同館館長の千葉隆司さんが記念講演会を行う。定員30人。(事前申し込み制)

■問い合わせ
029(896)0017/かすみがうら市歴史博物館

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

地図表示 印刷表示
記事配信 [ 2020-06-19 09:30:26 ]
ソーシャルサービスで共有:
「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2020-10-31更新 ]
  1. 紅葉の里山を歩く「秋の朝日峠ウオーキング」が、11月21日(土)に行われる。
  2. 洋服やアクセサリー、食器類を集めた雑貨展が、10月31日(土)〜11月4日(水)まで土浦市の「アップル・ツリー」で開かれる。
  3. 理系派遣社員が講師を務める「サイエンス教室 - マジックボックスをつくろう!」が、10月31日(土)LALAガーデンつくばで開かれる。
  4. ログハウスのカフェレストラン「バスティーユ」が、移転3周年記念マルシェを11月1日(日)に開催する。
  5. ポケットファームどきどきつくば牛久店に、「キッチン縁」がこのほどオープンした。
  6. 10月最後の常陽リビング一面を飾るのは、大好評の紙上写真館「リビング寫眞館」。今回もたくさんの“とっておき”写真が、読者から寄せられました。「芸術の秋」にふさわしい力作が勢ぞろい。どうぞごゆるりとご鑑賞ください。
  7. かすみがうら市出身の新選組隊士伊東甲子太郎の顕彰活動にスポットを当てた講演会が、11月18日(水)志筑陣屋跡地で開かれる。
  8. JA水郷つくば大根生産部会による「秋冬大根目ぞろえ会」がこのほど牛久営農経済センターで開かれ、関係者らが出来栄えを確認した。
  9. つくば市の「つくばハウジング研究会」が、同市内・郊外の空き家対象の社会実験に参加できるモニターを募集している。
  10. 車中から映画鑑賞を楽しめる「ドライブインシネマ」が、11月27日(金)・28日(土)カスミつくばセンター駐車場で開かれる。
Ads by Google

facebookページ「つくスタ情報局 ~つくばスタイルの魅力発信!~」

注目の記事

イベントカレンダー

イベントを検索する
女性ライフスタイル情報紙「Chou*Chou」

最新の特集

つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
PAGE TOP