地図表示 印刷表示
Joyoliving News : 2020年06月19日掲載

魚食文化ひも解く「鯉する霞ケ浦」展

7月5日まで、かすみがうらで開催中

はく製ほか、上高津貝塚(土浦市)から出土した咽頭骨も並ぶ
はく製ほか、上高津貝塚(土浦市)から出土した咽頭骨も並ぶ

食用だけでなく、霞ケ浦沿岸の祭礼や縁起物として扱われたコイの歴史や文化を学ぶ企画展「鯉する霞ケ浦」が、7月5日(日)までかすみがうら市歴史博物館で開かれている。午前9時〜午後4時半。

養殖生産量全国1位、『常陸国風土記』にも記載され江戸時代は「ブランド鯉」として名をはせた霞ケ浦のコイ。「母乳の出が良くなる」とされるコイの薬効を記した中国の医学書『本草綱目』のほか、湖の生態系を守るために霞ケ浦四十八津(48カ所の港町)で取り決めた掟書、水戸藩の漁場「玉里御留川」から毎年将軍家に献上されたコイの書状や地引網の様子が描かれた絵などを展示。

高度経済成長で急速に変化した霞ケ浦の自然環境を描き続けた日本画家・小林恒岳の作品も並ぶ。

6月28日(日)午後1時半からは「霞ヶ浦の鯉の歴史と文化」と題し同館館長の千葉隆司さんが記念講演会を行う。定員30人。(事前申し込み制)

■問い合わせ
029(896)0017/かすみがうら市歴史博物館

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

地図表示 印刷表示
記事配信 [ 2020-06-19 09:30:26 ]
ソーシャルサービスで共有:
「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2020-07-13更新 ]
  1. 日本とタイで貿易事業を展開する龍ケ崎市出身の田中明人さんが、地元活性化に向けた活動を始めている。
  2. 公募型文学賞「松本清張賞」の第27回受賞作品がこのほど発表され、阿見町出身の県職員・千葉ともこさんの『震雷の人』が栄誉に輝いた。自身初の長編となった同作は、中国王朝・唐の時代を舞台に兄と妹の成長を色濃く描写。9月の出版も決まるなど小説家への一歩を踏み出した千葉さんは、「数多くの作品を書きたい」と飛躍を誓う。
  3. 木の特色を生かした住友林業施工による住宅が完成し、7月11日(土)と12日(日)、18日(土)、19日(日)つくばみらい市富士見ケ丘の現地で見学会が開かれる。
  4. 2018年12月に営業を休止していた牛久シャトーのレストラン・ショップ部門が、このほど再開された。
  5. 「家族葬ハウスかれん荒川沖」と、系列店の「1日葬ルーム小さなかれん阿見」では、新盆を迎える人のさまざまな疑問に応える「お盆展示会」を7月11日(土)、12日(日)、22日(水)、23日(木)に開催する。
  6. 靴とインソールの専門店・てくてく館が、外反母趾などで悩む人向けの「靴とインソール無料相談会」を7月11日(土)〜30日(木)に実施する。
  7. 福島県いわき市の小名浜オーシャンホテル&ゴルフクラブが、「ゴルフ&宿泊パック」を8月31日(月)まで実施している。
  8. つくばエキスポセンターが、企画展「かわったあそびが大集合!〜つくって・ためして・かんがえる〜」を8月31日(月)まで実施している。
  9. フルーツショップaokiつくば店が、旬のフルーツを集めた「お中元フェア」を実施している。
  10. 農地所有適格法人グリーンアグリかすみがうら事業所では、ソーラーハウスで栽培した「そーらー生きくらげ」の販売を開始した。
Ads by Google

facebookページ「つくスタ情報局 ~つくばスタイルの魅力発信!~」

注目の記事

イベントカレンダー

イベントを検索する
女性ライフスタイル情報紙「Chou*Chou」

最新の特集

つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
PAGE TOP