地図表示 印刷表示
Joyoliving News : 2020年03月31日掲載

特別展「土浦城―時代を超えた継承の軌跡」

土浦市立博物館で、5月6日まで開催中

土屋家の先祖とされる土屋昌続(右衛門尉)が描かれた先祖武田二十四将図(中央)
土屋家の先祖とされる土屋昌続(右衛門尉)が描かれた先祖武田二十四将図(中央)

土浦城の歴史を振り返る特別展が、5月6日(振休)まで土浦市立博物館で開かれている。午前9時〜午後4時半。

江戸時代に城郭として本格的な整備が行われ、9万5000石を治めた土屋氏の居城として知られる土浦城。若泉氏や小田氏治の家臣の菅谷氏などの史料と共に城の黎明期の在り様を掘り起こし、霞ケ浦や湿地帯に囲まれた城の姿を今に伝える「常州土浦城図」(県指定文化財)は2メートル四方と巨大で「全国の城の軍事機能を把握するため幕府が諸大名に提出させたもの」と同館学芸員の西口正隆さん。

また、土手や大手門の水回りの修復願い「老中奉書」や幕末に外丸御殿建て替えの際の棟札、戦後のキティ台風で倒れた西櫓から出土した瓦や鯱瓦なども展示されている。

「城を伝える」のコーナーでは、63歳で藩に登用された農政学者・長島尉信の資料を公開。独自に収集した記録や測量を基に、当時城下で広まっていた「平将門築城説」を一蹴したり土地不足を克服してきた城の歴史を解析し「身分を問わず解決に尽力すべき」と提言している。

近代に入り各地の城が陸軍の管理下に置かれ廃城となる中、土浦城址を新治県庁の庁舎として継続使用できるよう大蔵大臣井上馨が陸軍大臣山県有朋に宛てた文書や明治17年に焼失した本丸御殿や鐘楼も写る貴重な写真なども展示し、土浦城が現代に残る足跡をたどる。

また、街中に残る土浦城の名残を土浦市文化財愛護の会写真部会が写した写真展も同時開催中。入館料一般105円、小中高生50円。

■問い合わせ
029(824)2928/同館

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

地図表示 印刷表示
記事配信 [ 2020-03-31 09:30:53 ]
ソーシャルサービスで共有:
「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2021-03-07更新 ]
  1. ハチミツ専門店・武州養蜂園いきいき牛久店では、「みつばちの日大感謝セール」を3月9日(火)まで開催する。
  2. 木材商100年の歴史を持つ篠屋木材工業(つくば市)の2棟のオープンハウスが、3月6日(土)から行われる。予約制。
  3. つくばビジネスカレッジ専門学校ブライダルコースの卒業制作「模擬挙式と披露宴」が、卒業生を含めたブライダル企業関係者約60人を招待してつくば市内の結婚式場で開催された。
  4. つくばエキスポセンターでは、プラネタリウムのオリジナル番組「超新星爆発―オリオン座からベテルギウスが消える―」を上映している。
  5. ホテル日航つくばのレストラン「セリーナ」では、「お家でぜいたくランチ」をコンセプトにした新しいテイクアウトメニューが登場した。
  6. 日本最大級の栽培面積を誇る深作農園(鉾田市)では、いちご狩りを5月上旬まで毎日開催している。
  7. ダイヤゴルフセンター牛久では、4月5日(月)までの毎日午後6時から、「夜間打ち放題」を実施している。
  8. 茨城の刀剣と刀装を展示する特別展II「鋼と色金―茨城の刀剣と刀装―」が、4月11日(日)まで茨城県立歴史館で開かれている。
  9. アジア住販が、つくばみらい市で新築建売住宅を販売している。
  10. 茨城県次世代エネルギーパークとつくばラジコンパークのコラボ企画「ラジコンカーからエネルギーを学ぼう!」が3月28日(日)に開催されるにあたり、参加者を募集している。
Ads by Google

facebookページ「つくスタ情報局 ~つくばスタイルの魅力発信!~」

注目の記事

茨城・千葉・東京の婚活は結婚相談所LiBee Marriage(リビーマリッジ)

最新の特集

つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
PAGE TOP