印刷表示
Joyoliving News : 2020年01月11日掲載

多様性の象徴「アップサイクルTシャツ」

常総、就労継続支援事業所の雇用増やしたい

「利用者に仕事の楽しさを感じてもらいたい」と梶原さん(右端)と利用者(WAcKA提供)
「利用者に仕事の楽しさを感じてもらいたい」と梶原さん(右端)と利用者(WAcKA提供)

心身にハンディキャップを持つ人や難病の人が通う常総市内の就労継続支援施設で働く人たちの雇用を増やそうと、廃棄Tシャツに新しい価値を吹き込む「アップサイクル」活動に必要な資金を募るクラウドファンディング(CF)が1月22日(水)まで行われている。

CFを実施しているのは、WAcKA(ワッカ、千葉県八千代市)。同社代表の梶原誠さんは、2015年9月の関東・東北豪雨後に生産拠点を常総市内に移転。大量に廃棄されるはずのTシャツを洗濯するなどして再生し、中でも商品にできない子ども用は糸にしてバッグや草履などを編む材料として販売していた。

長年繊維業界の第一線で働いてきた梶原さん。年間10億着が一度も袖を通すことなく処分されている現実に加え、ベトナムやバングラデシュなど海外の生産工場を視察した折に低賃金で劣悪な環境のまま働かされる児童らの姿に疑問を抱いてきた。

水害の後、それまで除草や引っ越し作業を行っていた市内の就労継続支援A型事業所「インクル・ベース」利用者の仕事が激減したと聞き、仕事の選択肢や雇用を増やそうと今回のプロジェクトを発足させた。

アップサイクルTシャツ(写真)は再生に適さないTシャツや端切れを裁断してパッチワークのように縫い合わせ、斬新なデザインを施し「新しい価値」を生み出すもの。CFの目標金額は67万円で、現在までに約45万円が集まっている。

調達した資金は縫製用ミシンの購入や利用者の技術向上のための講習会費などに充てられるという。梶原さんは「色も形もバラバラな布が一枚のTシャツとして新たな価値を生む活動です。チョコレートやコーヒーなど、安価な製品の裏にあるものを考えてもらうきっかけにもなれば」と話している。

CFは22日午後11時まで。詳細は「アップサイクルTシャツ 常総」で検索。

記事配信 [ 2020-01-11 09:30:07 ]
ソーシャルサービスで共有:
「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2020-01-24更新 ]
  1. JA全農いばらき直営の農業体験型レジャー施設・ポケットファームどきどきつくば牛久店では、1月25日(土)と26日(日)に「どきどき雪まつり」を開催する。
  2. 染谷家具守谷店が、家具をテーマにした第3回「家具川柳」を募集している。
  3. 東京パラ五輪視覚障害者5人制サッカーに初出場する日本代表のエース・川村怜選手。昨年夏、12年間所属したつくばのクラブチームを離れ、新天地で汗を流している。幼い頃からの「サッカーが好き」という一途な思いを昇華させ、メダルの先にある己の「究極」を追い求める。
  4. 大型客船で巡る船旅の魅力を紹介する客船クルーズ説明会が、1月27日(月)から県南各地で順次開かれる。
  5. 阿見町産の常陸秋そばを楽しむイベント「まいあみ そばの里〜あなたのそばに」が、2月2日(日)同町本郷ふれあいセンターで開かれる。
  6. 県立中央青年の家恒例の「ぬく森まつり」が、1月26日(日)に開かれる。
  7. イチゴ栽培面積日本一を誇る深作農園では、毎年好評のイチゴ狩りをこのほど開始した。
  8. 葬儀の事前準備などが学べる終活セミナーが、1月26日(日)土浦市と阿見町の3会場で開かれる。
  9. 「小田のお不動様」として親しまれている小田不動尊の摩崖不動明王立像が、1月28日(火)年に一度のご開帳を迎える。
  10. 力士と直接触れ合える大相撲の地方巡業が、4月17日(金)石岡運動公園体育館で開かれる。
Ads by Google

グルメムック「この店とまれ」

注目の記事

イベントカレンダー

イベントを検索する
筑波国際アカデミー

最新の特集

つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
PAGE TOP