印刷表示
Joyoliving News : 2020年01月11日掲載

多様性の象徴「アップサイクルTシャツ」

常総、就労継続支援事業所の雇用増やしたい

「利用者に仕事の楽しさを感じてもらいたい」と梶原さん(右端)と利用者(WAcKA提供)
「利用者に仕事の楽しさを感じてもらいたい」と梶原さん(右端)と利用者(WAcKA提供)

心身にハンディキャップを持つ人や難病の人が通う常総市内の就労継続支援施設で働く人たちの雇用を増やそうと、廃棄Tシャツに新しい価値を吹き込む「アップサイクル」活動に必要な資金を募るクラウドファンディング(CF)が1月22日(水)まで行われている。

CFを実施しているのは、WAcKA(ワッカ、千葉県八千代市)。同社代表の梶原誠さんは、2015年9月の関東・東北豪雨後に生産拠点を常総市内に移転。大量に廃棄されるはずのTシャツを洗濯するなどして再生し、中でも商品にできない子ども用は糸にしてバッグや草履などを編む材料として販売していた。

長年繊維業界の第一線で働いてきた梶原さん。年間10億着が一度も袖を通すことなく処分されている現実に加え、ベトナムやバングラデシュなど海外の生産工場を視察した折に低賃金で劣悪な環境のまま働かされる児童らの姿に疑問を抱いてきた。

水害の後、それまで除草や引っ越し作業を行っていた市内の就労継続支援A型事業所「インクル・ベース」利用者の仕事が激減したと聞き、仕事の選択肢や雇用を増やそうと今回のプロジェクトを発足させた。

アップサイクルTシャツ(写真)は再生に適さないTシャツや端切れを裁断してパッチワークのように縫い合わせ、斬新なデザインを施し「新しい価値」を生み出すもの。CFの目標金額は67万円で、現在までに約45万円が集まっている。

調達した資金は縫製用ミシンの購入や利用者の技術向上のための講習会費などに充てられるという。梶原さんは「色も形もバラバラな布が一枚のTシャツとして新たな価値を生む活動です。チョコレートやコーヒーなど、安価な製品の裏にあるものを考えてもらうきっかけにもなれば」と話している。

CFは22日午後11時まで。詳細は「アップサイクルTシャツ 常総」で検索。

記事配信 [ 2020-01-11 09:30:07 ]
ソーシャルサービスで共有:
「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2020-09-29更新 ]
  1. 茨城県内の銘酒を気軽に楽しめる「いばらき地酒バー」がTXつくば駅にオープンして1周年を迎え、10月1日(木)に記念セレモニーが行われる。
  2. 全国有名産地の焼き物を集めた「第20回牛久全国大陶器市」が、9月27日(日)まで牛久市久野町の牛久大仏特設会場で開かれている。
  3. 和楽器ユニット・Rin’の「光明〜未来へ〜」と題したライブが、10月10日(土)午後5時から龍ケ崎市の大昭ホール龍ケ崎で開かれる。
  4. 筑波大発のベンチャー企業「Waisportsジャパン」が、子どもの体力維持・向上に役立つ動画を作成。保護者に向け配信を開始した。
  5. 医療従事者や社会生活を支えるエッセンシャルワーカーに感謝を込めた「虹の絵」の展覧会が、9月28日(月)までつくば市洞峰公園内新都市記念館で開かれている。
  6. おかげさまでご好評をいただいております、紙上写真館「リビング寫眞館」。今回もたくさんの“とっておき”写真が、読者から寄せられました。皆さま、どうぞごゆるりとご鑑賞ください。
  7. 料理写真を投稿して阿見町の飲食店を応援するフォトコンテスト「#あみぐるめフォトコン2020」が、11月30日(月)まで行われている。
  8. 土浦市観光協会が、第15回「土浦の写真コンテスト」作品を募集している。
  9. つくば市のピュアリーエフが、スマホやパソコンの使い過ぎで猫背になった人に「背中セラピー機器の半額体験」を予約制で実施している。
  10. 「要約筆記」を学ぶ講座が11月から実施されるのを前に、主催する龍ケ崎市社会福祉協議会が受講生を募集している。
Ads by Google

facebookページ「つくスタ情報局 ~つくばスタイルの魅力発信!~」

注目の記事

イベントカレンダー

女性ライフスタイル情報紙「Chou*Chou」

最新の特集

つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
PAGE TOP