2019年12月23日(月)

牛久市産ブドウ100%ワイン完成

待ってました、2年ぶり「レガーメ」

赤ワイン「LEGAME」。ラベルはブドウの自然な色を生かしたデザインに一新=牛久市久野町のうしくグリーンファーム
赤ワイン「LEGAME」。ラベルはブドウの自然な色を生かしたデザインに一新=牛久市久野町のうしくグリーンファーム

牛久市産ブドウ100%使用の赤ワイン「LEGAME(レガーメ)」が2年ぶりに完成し、このほど市内で販売が始まった。

日本で初めて本格的醸造場が建てられた同市を「ワインのまち」としてPRしようと2014年から醸造が始まった同ワイン。市出資の農業法人うしくグリーンファームがワイン用品種のブドウ「富士の夢」約40本を栽培し、姉妹都市・常陸太田市内にある酒造会社が醸造を手掛けている。

昨年はブドウが不作のため収穫できず醸造断念となったが、今年は1.2トンの収量に恵まれた。台風の影響で例年より醸造作業がやや遅れたものの、今月中旬に1220本限定で販売をスタート。「クリスマスの時期に間に合って良かった。2年ぶりのワインをおいしく楽しく味わってもらえたら」とスタッフ。

1本720ミリリットル入り、2500円(税込み)。うしくグリーンファームほか市内5店舗で取り扱い。

■問い合わせ
Tel 029(875)1333/うしくグリーンファーム

記事配信 [2019-12-23 09:30:23]

株式会社常陽リビング社 常陽リビング