印刷表示
Joyoliving News : 2020年01月07日掲載

「たいけん美じゅつ場」

取手駅ビルにオープン

地元作家49人が手掛けた大小のアート作品がそろうオープン記念の展示「とりで美術の今」
地元作家49人が手掛けた大小のアート作品がそろうオープン記念の展示「とりで美術の今」

市民ギャラリーや東京芸術大学卒業生作品の公開スペースなどを備えた複合文化交流施設「たいけん美じゅつ場 VIVA(ビバ)」がこのほど、取手駅ビルにオープンした。

取手市、同大、JR東日本東京支社、駅ビル運営のアトレの4者連携で整備し、ボックスヒル取手の4階全体約2260平方メートルを改装した。

同大の所蔵作品を展示する「東京芸大オープンアーカイブ」では、同大が買い上げた卒業生作品を公開。

駅前から移転した市の「とりでアートギャラリー」では、オープン記念として市内を拠点とする作家による作品展「とりで美術の今」を1月12日(日)まで実施している(12月31日(火)〜1月2日(木)休み)。

このほか旅とアートをテーマにした書籍を閲覧できる「大人の休日倶楽部ライブラリー」や工作室・広場などを備え、ワークショップやセミナーも開かれる予定。

今後は自主企画や交流の担い手となる「アート・コミュニケータ」を高校生以上に公募する。

オープン前日に開かれたセレモニーでは藤井信吾市長や同大の澤和樹学長らがテープカットし関係者が施設を見学。市内のアーティスト男性(40)は「アートギャラリーはすごくきれいで落ち着いた空間。駅ビルなので人も多く、休憩がてら気軽に作品を見られるのはいいですね」と話した。

記事配信 [ 2020-01-07 08:30:55 ]
ソーシャルサービスで共有:
「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2020-01-24更新 ]
  1. JA全農いばらき直営の農業体験型レジャー施設・ポケットファームどきどきつくば牛久店では、1月25日(土)と26日(日)に「どきどき雪まつり」を開催する。
  2. 染谷家具守谷店が、家具をテーマにした第3回「家具川柳」を募集している。
  3. 東京パラ五輪視覚障害者5人制サッカーに初出場する日本代表のエース・川村怜選手。昨年夏、12年間所属したつくばのクラブチームを離れ、新天地で汗を流している。幼い頃からの「サッカーが好き」という一途な思いを昇華させ、メダルの先にある己の「究極」を追い求める。
  4. 大型客船で巡る船旅の魅力を紹介する客船クルーズ説明会が、1月27日(月)から県南各地で順次開かれる。
  5. 「小田のお不動様」として親しまれている小田不動尊の摩崖不動明王立像が、1月28日(火)年に一度のご開帳を迎える。
  6. 阿見町産の常陸秋そばを楽しむイベント「まいあみ そばの里〜あなたのそばに」が、2月2日(日)同町本郷ふれあいセンターで開かれる。
  7. 県立中央青年の家恒例の「ぬく森まつり」が、1月26日(日)に開かれる。
  8. イチゴ栽培面積日本一を誇る深作農園では、毎年好評のイチゴ狩りをこのほど開始した。
  9. 葬儀の事前準備などが学べる終活セミナーが、1月26日(日)土浦市と阿見町の3会場で開かれる。
  10. 力士と直接触れ合える大相撲の地方巡業が、4月17日(金)石岡運動公園体育館で開かれる。
Ads by Google

facebookページ「つくスタ情報局 ~つくばスタイルの魅力発信!~」

注目の記事

イベントカレンダー

イベントを検索する
筑波国際アカデミー

最新の特集

つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
PAGE TOP