印刷表示
Joyoliving News : 2020年01月07日掲載

「たいけん美じゅつ場」

取手駅ビルにオープン

地元作家49人が手掛けた大小のアート作品がそろうオープン記念の展示「とりで美術の今」
地元作家49人が手掛けた大小のアート作品がそろうオープン記念の展示「とりで美術の今」

市民ギャラリーや東京芸術大学卒業生作品の公開スペースなどを備えた複合文化交流施設「たいけん美じゅつ場 VIVA(ビバ)」がこのほど、取手駅ビルにオープンした。

取手市、同大、JR東日本東京支社、駅ビル運営のアトレの4者連携で整備し、ボックスヒル取手の4階全体約2260平方メートルを改装した。

同大の所蔵作品を展示する「東京芸大オープンアーカイブ」では、同大が買い上げた卒業生作品を公開。

駅前から移転した市の「とりでアートギャラリー」では、オープン記念として市内を拠点とする作家による作品展「とりで美術の今」を1月12日(日)まで実施している(12月31日(火)〜1月2日(木)休み)。

このほか旅とアートをテーマにした書籍を閲覧できる「大人の休日倶楽部ライブラリー」や工作室・広場などを備え、ワークショップやセミナーも開かれる予定。

今後は自主企画や交流の担い手となる「アート・コミュニケータ」を高校生以上に公募する。

オープン前日に開かれたセレモニーでは藤井信吾市長や同大の澤和樹学長らがテープカットし関係者が施設を見学。市内のアーティスト男性(40)は「アートギャラリーはすごくきれいで落ち着いた空間。駅ビルなので人も多く、休憩がてら気軽に作品を見られるのはいいですね」と話した。

記事配信 [ 2020-01-07 08:30:55 ]
ソーシャルサービスで共有:
「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2020-08-05更新 ]
  1. みずほの村市場が、「ひまわり迷路&夏野菜収穫体験」を8月23日(日)まで実施している。
  2. 縄文土器を研究・制作する上高津貝塚土器づくりの会の20周年記念展「縄文の美〜彩と艶」が、8月18日(火)〜23日(日)までアルカス土浦で開かれる。
  3. 土浦市はこのほど、無料通信アプリ「LINE」用スタンプ「アマビエつちまる」を発売した。
  4. フリーランスの翻訳者・林真紀さんが、自閉症スペクトラム障害の高校生の恋愛を描いた小説『キッズライクアス』を邦訳。自身も発達障害の子育てをする経験を基にCFで資金を集め、このほど出版した。
  5. 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で苦境に立つ土浦市内の飲食店を応援するクラウドファンディング(CF)が、このほど開始しました。
  6. 竹園西広場公園内の芝生の維持管理を行うボランティア団体「つくばイクシバ!」がこのほど設立。活動メンバーを募集している。
  7. 三越家具(水戸市)が、全品20%引きとなる「新品・キズ物現品処分市」を8月31日(月)まで開催している。
  8. 土浦市が、「ふるさと土浦応援寄付金(ふるさと納税)」の返礼品を出品できる事業者を募集している。
  9. 龍ケ崎市まちづくり・文化財団が、龍ケ崎市駅至近の駐車場利用券を特価で販売する記念セールを、8月1日(土)〜30日(日)まで実施する。
  10. 東日本大震災で被災した宮城県石巻市のがれきの中に咲いた「ど根性ヒマワリ」の子孫とされる花が、龍ケ崎市内で育てられている。市主任児童委員で元教員の山崎雅昭さんが6年前に種を分けてもらい、学校や家庭などで栽培。「被災地を忘れずに、応援しよう」との思いを込めた取り組みは着々と根付き、発災10年となる今夏「10世」の花が開き始めた。
Ads by Google

女性ライフスタイル情報紙「Chou*Chou」

注目の記事

イベントカレンダー

イベントを検索する
facebookページ「つくスタ情報局 ~つくばスタイルの魅力発信!~」

最新の特集

つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
PAGE TOP