地図表示 印刷表示
Joyoliving News : 2019年12月05日掲載

きらめくブーケで愛を告白

石岡、フラワーパークのイルミ


石岡市下青柳の茨城県フラワーパークで、このほど恒例のイルミネーション点灯式が開かれ、訪れた来園者がさっそくスマートフォンなどで記念撮影を楽しんだ。

5年目を迎える今年のメインは「輝くブーケの園(ダリア園)」。ブルーのアーチをくぐると光のブーケが輝き、「大切な人に花束を捧げるポーズで写真が撮れます」と担当者。

20分ごとに繰り広げられる「光のカーペット」や約100メートル続く「冬の天の川」などもお目見えし、昨年同様約100万球の光が夜空に輝いている。

家族3人で千葉県柏市から訪れたという劉明さん(38)は妻と2歳の娘と一緒にイルミのスイッチを点灯。「初めて来たのにラッキー。本当にきれい」と語った。

同園のイルミネーションは先日都内で開かれた「第7回イルミネーションアワードプロフェッショナルパフォーマンス部門」で全国9位に輝いた。

入場料大人800円、小人250円。点灯時間午後5時〜9時。来年1月13日(祝)まで(月曜休園)。

地図表示 印刷表示
記事配信 [ 2019-12-05 09:30:29 ]
ソーシャルサービスで共有:
「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2020-04-10更新 ]
  1. 新型コロナウイルスの影響によりマスクが品薄となる中、常総市内の就労継続支援A型事業所「インクル・ベース」の利用者が廃棄Tシャツを再利用した布製マスクを考案し、市民らに好評を得ている。
  2. 中津からあげ発祥の店「中津からあげ総本家もり山つくば竹園店」では、4月下旬から従来の人気メニューに、新メニューが仲間入りする。
  3. 富国強兵が叫ばれた明治時代、外貨獲得を目的に国策として全国に広まった養蚕。つくば市在住で社会学博士の沢辺満智子さんは養蚕業の女性労働における「身体技術と近代科学の融合」に着目。国家イデオロギーと民俗的想像力のせめぎ合いの中で、世界を席巻したジャパンシルクを担った労働者の「内面」に迫った本『養蚕と蚕神』(慶應義塾大学出版会)をこのほど上梓した。
  4. 土浦市でレンタカー会社を経営する安達博司さん(49)が、自動車内を清潔に保つ「銀イオン除菌抗菌消臭剤」の吹き付けを無料で行っている。
  5. 新型コロナウイルスの影響で紙製マスクが品薄となる中、取手市在住のフリーアナウンサー小村悦子さん(39)が日本手ぬぐいとガーゼを組み合わせたマスクを自作。しゃれた見た目と柔らかい肌触りが女性を中心に好評を得ている。
  6. 天照大神の御神像に御更衣を行う春季神御衣祭が、4月11日(土)午後1時からつくば市臼井の六所皇大神宮霊跡地で行われる。
  7. 自然素材の注文住宅を提供するグッドリビング主催の「自然素材の家づくり教室」が、4月10日(金)〜12日(日)の3日間同社花井モデルハウスで開かれる。
  8. このほど創業12周年を迎えた牛久市のガーデンレストラン・樹音が、「アニバーサリーディナーコース」を5月10日(日)まで提供している。
  9. オークラフロンティアホテルつくば 本館が、リブランドにより「ホテル日航つくば」として4月1日(水)にオープンするのに合わせ、4月30日(木)まで館内レストランで特別イベントが開かれる。
  10. 水郷つくば農業協同組合が、このほど地元産米を使用した非常食「備食ライス」を新発売した。
Ads by Google

四川飯店アルファ

注目の記事

イベントカレンダー

イベントを検索する
筑波国際アカデミー

最新の特集

つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
PAGE TOP