地図表示 印刷表示
Joyoliving News : 2019年09月20日掲載

9月23日まで企画展「大正時代の取手」

鉄道や橋、郷土の「礎」実現への歩み

常総鉄道開業記念絵はがき(齋藤一彦氏所属)
常総鉄道開業記念絵はがき(齋藤一彦氏所属)

常総鉄道(現関東鉄道常総線)開業など大正時代の取手の動きを伝える展示が、9月23日(祝)まで取手市埋蔵文化財センターで開かれている。午前9時〜午後5時(入館4時半まで)、入場無料。

大正2年取手—下館間で開業した同鉄道ほか、中等学校設置や車移動の便を著しく向上させた利根川架橋を目指す青壮年有志らの活動を約130点の資料から紹介。

鉄道整備をめぐっては明治20〜30年代に計画が持ち上がったが実現せず幻に。その後、明治44年に再び建設計画が浮上し、吉田茂元首相の父で高知出身の実業家・竹内綱を社長に据えた「常総鉄道」が起工から約9カ月の短期で開業を遂げた。

路線図が巻物風に描かれた開業記念絵はがきは、カラー刷りで絵の一部が浮き出るように見える凝ったデザインになっている。

また牛久ゆかりの日本画家・小川芋銭から取手二高に寄贈された書画や大利根橋(昭和5年完成)起工記念品となった芋銭の絵入り扇子も紹介。「郷土発展のために力を尽くした先人の歩みを感じてもらえたら」と担当者。

■問い合わせ
0297(73)2010/同館

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

地図表示 印刷表示
記事配信 [ 2019-09-20 09:30:48 ]
ソーシャルサービスで共有:
「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2020-07-14更新 ]
  1. 日本とタイで貿易事業を展開する龍ケ崎市出身の田中明人さんが、地元活性化に向けた活動を始めている。
  2. 公募型文学賞「松本清張賞」の第27回受賞作品がこのほど発表され、阿見町出身の県職員・千葉ともこさんの『震雷の人』が栄誉に輝いた。自身初の長編となった同作は、中国王朝・唐の時代を舞台に兄と妹の成長を色濃く描写。9月の出版も決まるなど小説家への一歩を踏み出した千葉さんは、「数多くの作品を書きたい」と飛躍を誓う。
  3. 自然体験ができる催しが、8月に土浦市永井の県立中央青年の家で開かれる。
  4. 木の特色を生かした住友林業施工による住宅が完成し、7月11日(土)と12日(日)、18日(土)、19日(日)つくばみらい市富士見ケ丘の現地で見学会が開かれる。
  5. 2018年12月に営業を休止していた牛久シャトーのレストラン・ショップ部門が、このほど再開された。
  6. 牛久市のチャンスが、住宅の耐震について学ぶ「安心の住まい勉強会」を7月31日(金)に同社で実施する。参加無料。
  7. 「家族葬ハウスかれん荒川沖」と、系列店の「1日葬ルーム小さなかれん阿見」では、新盆を迎える人のさまざまな疑問に応える「お盆展示会」を7月11日(土)、12日(日)、22日(水)、23日(木)に開催する。
  8. 訪れる人に地域の魅力や歴史を紹介するなど観光面の盛り上げに貢献しているのが、住民有志によるボランティアガイド。新型コロナウイルスの影響で先を見通しにくい今も、ウィズコロナやコロナ後を見据えて慎重に活動再開を目指している。感染症対策に配慮したもてなしや案内には、新しい取り組みが生まれる兆しも。手探りで奮闘を続ける人々を取材した。
  9. 靴とインソールの専門店・てくてく館が、外反母趾などで悩む人向けの「靴とインソール無料相談会」を7月11日(土)〜30日(木)に実施する。
  10. チャリティーサンタつくば支部では、年間を通して活動できるボランティアスタッフを募集する説明会を実施する。
Ads by Google

女性ライフスタイル情報紙「Chou*Chou」

注目の記事

イベントカレンダー

イベントを検索する
facebookページ「つくスタ情報局 ~つくばスタイルの魅力発信!~」

最新の特集

つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
PAGE TOP