印刷表示
Joyoliving News : 2019年09月24日掲載

旬野菜、たっぷり手軽に

きのか蔵がオリジナルスープ発売

「orina」秋のスープイメージ
「orina」秋のスープイメージ

「紫峰」で知られる柴沼醤油醸造(土浦市)18代・柴沼秀篤さん(39)がプロデュースする調味料ブランド「きのか蔵」では、このほど旬の地元野菜を使用したオリジナルスープを開発。自社ホームページ上での発売を開始した。

「織りなす旬野菜のスープ」というコンセプトから「orina」と名付けられたスープは、土浦で有機農業に取り組む久松農園などの野菜を使用し、つくば市内のカフェ・オハナの女性スタッフが手作りで製造。

化学調味料や着色料、保存料は無添加で、季節ごとに3種を用意する。スープ1食としては大容量の240グラム入りながら200キロカロリー以下に抑え、ゴロゴロとした食感や満腹感にもこだわった。

「地元農家支援のため、豊作や見た目が悪いなどの理由で廃棄される野菜も使用しています。旬ならではの野菜そのものの味を味わってもらえたら」と柴沼さん。

9月〜11月は「かぼちゃとレンズ豆のインド風スープ」「玉ねぎとかぶのオニグラスープ」「ちゃんこねぎとじゃがいものベジポタージュ」を数量限定で販売。6食セット(3600円)、12食セット(6000円)。各税別。冷凍配送料込み。オハナでも販売している。

■問い合わせ
03(5846)8473/きのか蔵

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

記事配信 [ 2019-09-24 10:30:50 ]
ソーシャルサービスで共有:
「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2020-01-21更新 ]
  1. JA全農いばらき直営の農業体験型レジャー施設・ポケットファームどきどきつくば牛久店では、1月25日(土)と26日(日)に「どきどき雪まつり」を開催する。
  2. 東京パラ五輪視覚障害者5人制サッカーに初出場する日本代表のエース・川村怜選手。昨年夏、12年間所属したつくばのクラブチームを離れ、新天地で汗を流している。幼い頃からの「サッカーが好き」という一途な思いを昇華させ、メダルの先にある己の「究極」を追い求める。
  3. 葬儀の事前準備などが学べる終活セミナーが、1月26日(日)土浦市と阿見町の3会場で開かれる。
  4. 染谷家具守谷店が、家具をテーマにした第3回「家具川柳」を募集している。
  5. 県立中央青年の家恒例の「ぬく森まつり」が、1月26日(日)に開かれる。
  6. 若者によるチャレンジショップが、1月27日(月)〜2月7日(金)までつくば市役所1階にオープンする。
  7. プロ野球ソフトバンクから育成ドラフトで指名された土浦湖北高校出身で仙台大学4年の大関友久投手(22)が、このほど土浦市内で母校野球部OB有志ら主催による「応援する会」で飛躍を誓った。
  8. かすみがうら市公式キャラクター「かすみがうにゃ」のLINEスタンプが、このほど発売。市担当者は「普段の生活で使ってもらうことで、市民の皆様に身近に感じてもらえたら」と話している。
  9. 自然素材の注文住宅を提供するグッドリビング主催による各種イベントが、1月19日(日)から順次開かれる。
  10. 取手市内7つの高校が芸術活動を発表する「とりでスクール・アートフェスティバル」が、1月18日(土)〜25日(土)まで市内2カ所で開かれる。
Ads by Google

グルメムック「この店とまれ」

注目の記事

イベントカレンダー

イベントを検索する
筑波国際アカデミー

最新の特集

つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
PAGE TOP