印刷表示
Joyoliving News : 2019年04月18日掲載

4月21日、物質・材料研究機構で一般公開

今年は「元素」がテーマ

ナトリウムの光を当てた「黒い炎」は並木地区で見学できる
ナトリウムの光を当てた「黒い炎」は並木地区で見学できる

物質・材料研究機構(NIMS)の一般公開が、4月21日(日)に開かれる。午前10時〜午後4時。入場無料。

元素周期表発見150周年を記念し、今年は「元素」を体感できる84のプログラムを実施。並木地区(並木1-1)では水を1万気圧で圧縮し人工的に氷を作る実験のほか、実際の金属が並ぶ元素周期表がお目見え。千現地区(千現1-2-1)では原子の立体地図をつくる3次元アトムプローブの公開、桜地区(桜3-13)では超電導磁石を使って水を宙に浮かせる実験などが行われる。

リチウムイオン電池、ハイブリッド車に使われるネオジム磁石などの「素材産業」で外貨を獲得してきた日本の現状を踏まえ「将来の材料研究の支え手に興味を持ってもらうきっかけになれば」と担当者。

■問い合わせ
029(859)2026/同機構広報室

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

記事配信 [ 2019-04-18 08:30:23 ]
ソーシャルサービスで共有:
「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2020-04-09更新 ]
  1. 新型コロナウイルスの影響によりマスクが品薄となる中、常総市内の就労継続支援A型事業所「インクル・ベース」の利用者が廃棄Tシャツを再利用した布製マスクを考案し、市民らに好評を得ている。
  2. 富国強兵が叫ばれた明治時代、外貨獲得を目的に国策として全国に広まった養蚕。つくば市在住で社会学博士の沢辺満智子さんは養蚕業の女性労働における「身体技術と近代科学の融合」に着目。国家イデオロギーと民俗的想像力のせめぎ合いの中で、世界を席巻したジャパンシルクを担った労働者の「内面」に迫った本『養蚕と蚕神』(慶應義塾大学出版会)をこのほど上梓した。
  3. 中津からあげ発祥の店「中津からあげ総本家もり山つくば竹園店」では、4月下旬から従来の人気メニューに、新メニューが仲間入りする。
  4. このほど創業12周年を迎えた牛久市のガーデンレストラン・樹音が、「アニバーサリーディナーコース」を5月10日(日)まで提供している。
  5. 自然素材の注文住宅を提供するグッドリビング主催の「自然素材の家づくり教室」が、4月10日(金)〜12日(日)の3日間同社花井モデルハウスで開かれる。
  6. 筑波山麓に建つかやぶき小屋で開くお花見イベントが4月5日(日)に開かれるのに合わせ、主催する筑波山麓グリーン・ツーリズム推進協議会では参加者を募集している。
  7. 天照大神の御神像に御更衣を行う春季神御衣祭が、4月11日(土)午後1時からつくば市臼井の六所皇大神宮霊跡地で行われる。
  8. オークラフロンティアホテルつくば 本館が、リブランドにより「ホテル日航つくば」として4月1日(水)にオープンするのに合わせ、4月30日(木)まで館内レストランで特別イベントが開かれる。
  9. 今月1日にリブランドオープンしたホテル日航つくばの別館2階にある「中国料理 桃李」が、4月30日(木)まで記念フェアを実施している。
  10. 男子バレーボールのつくばユナイテッドSunGAIAの公式キャラクター「GAIAN」のさまざまな表情をデザインした通話アプリLINE用スタンプが、このほど発売された。
Ads by Google

facebookページ「つくスタ情報局 ~つくばスタイルの魅力発信!~」

注目の記事

イベントカレンダー

筑波国際アカデミー

最新の特集

つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
PAGE TOP