地図表示 印刷表示
Joyoliving News : 2019年04月24日掲載

企画展「高さって何だろう」

富士山の標高はどう決まった?

都内の地形の起状の色分けや、測量史跡を紹介するマップ
都内の地形の起状の色分けや、測量史跡を紹介するマップ

明治期以降の高さ測定の歩みを紹介する展示が、6月30日(日)までつくば市の国土地理院地図と測量の科学館(北郷1)で開かれている。午前9時半〜午後4時半、入場無料。

日本の近代測量の夜明けは明治政府に地理院の前身機関が設置された1869年。今年迎えた150年の節目を記念した展示では、日本の標高の基準を定めた初期の歴史から最新技術の動きまでパネルで解説する。

標高ゼロの「東京湾平均海面」や陸上に基準を固定した「日本水準原点」の設置管理までのいきさつや、明治期に3778メートルとされていた富士山の標高が1926年の再測量により現在知られている3776メートルと導かれた過程なども紹介。

ほかにも明治の測量標識などをまとめた都内史跡マップや重力測定の必要性、衛星測位システムを用いた最新技術の取り組みなども分かりやすく伝えている。「生活の基盤となっている高さや測量を身近に感じてもらえたら」と担当者。

新元号にちなみ、4月20日(土)明治から平成の地図の変遷について地理院職員が講演する。午前10時半と午後1時半の2回。

■問い合わせ
029(864)1872/同館

地図表示 印刷表示
記事配信 [ 2019-04-24 08:30:12 ]
ソーシャルサービスで共有:
「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2020-04-02更新 ]
  1. 天照大神の御神像に御更衣を行う春季神御衣祭が、4月11日(土)午後1時からつくば市臼井の六所皇大神宮霊跡地で行われる。
  2. 筑波山麓に建つかやぶき小屋で開くお花見イベントが4月5日(日)に開かれるのに合わせ、主催する筑波山麓グリーン・ツーリズム推進協議会では参加者を募集している。
  3. オークラフロンティアホテルつくば 本館が、リブランドにより「ホテル日航つくば」として4月1日(水)にオープンするのに合わせ、4月30日(木)まで館内レストランで特別イベントが開かれる。
  4. 土浦城の歴史を振り返る特別展が、5月6日(振休)まで土浦市立博物館で開かれている。
  5. 阿見町に拠点を置く団体「秋山舞の会」を率いる秋山和美さんは、51歳で踊りに出合い、子や孫の世代と汗を流す日々を楽しんでいる。「引退」の文字が頭をよぎったこともあるが、周囲の支えもあって活動再開。華やかでパワフルなステージに向けて、熱血指導は続く。
  6. 栗どら・梅どらで知られる志ち乃の「月替わりどら」が、好評を得ている。
  7. アニメ「妖怪人間ベム」「昆虫物語みなしごハッチ」とコラボレーションした龍ケ崎市のイメージアップポスターがこのほど完成し、JR龍ケ崎市駅などに掲示されている。
  8. ノーブルホームの「まちかど展示場」が土浦市並木5丁目に完成し、3月28日(土)と29日(日)に見学会を実施する。
  9. ハウジング重兵衛の「リノベーション展示場」で、3月28日(土)と29日(日)見学会が開かれる。
  10. 日本最大級の栽培面積を誇る深作農園では、イチゴ狩りを5月上旬まで毎日開催している。
Ads by Google

女性ライフスタイル情報紙「Chou*Chou」

注目の記事

イベントカレンダー

イベントを検索する
筑波国際アカデミー

最新の特集

つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
PAGE TOP