常陽リビング社カルチャー教室ブログ
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2019年3月) > 街歩きマップが完成
印刷表示
2019年3月14日(木)

街歩きマップが完成

36匹の「カエル」像探してみて

マップを手掛けたメンバーら
マップを手掛けたメンバーら

つくば市のテクノパーク桜地区に点在するカエルのモニュメントを楽しく紹介する街歩きマップがこのほど完成。作成の中心となった「テクノパーク桜まちづくりを考える会」は、地域の魅力を広める資料としてイベントなどに活用していく。

住民らで構成する同会では、地区の歩道などに静かにたたずむ石やセメント製の「カエル像」を地域資源として活用しようと昨秋からマップ作りを開始した。

メンバーが実際に現地を歩いて調査し「36匹」を発見。よく確認するとポーズや表情も多様だったため、それぞれを腹が膨れた「まんぷくカエル」や、もっと膨れた「超まんぷくカエル」、子ガエルを背負う「おんぶガエル」など特徴に合わせ命名。街を彩る桜や散歩しながら立ち寄りたい店なども盛り込み、今年1月に完成した。

「全体的に、気持ちがウキウキするデザインにしました」とイラスト担当の筑波大学3年高橋理恵子さん(21)。紙マップと合わせ、地区内の筑波大学発ベンチャー企業「中央地学」の協力でスマホ版も作成した。「そこかしこにいるカエルは本当にかわいらしい。このマップで訪れる人や住民が街に愛着を持ってもらえたら」と同会代表の水谷浩子さん(58)。

地元中心に配布するほか、3月17日(日)の商店会イベントで活用予定。詳細はフェイスブック「テクノパーク桜」で検索。

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

記事配信 [ 2019-03-14 09:30:47 ]
ソーシャルサービスで共有:
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2019-03-21更新 ]
  1. 土浦市の「花火」と「桜」をモチーフにしたプロジェクションマッピングが、3月22日(金)と23日(土)同市役所本庁舎東側壁面に投影される。
  2. オリンピック金メダリストと起業家が夢を持つ大切さを語る講演会が、3月24日(日)午後1時半からつくば国際会議場で開かれる。
  3. つくば市の農産物直売所・みずほの村市場が、恒例の「みずほの日」を3月23日(土)と24日(日)実施する。
  4. 土浦桜まつりが、3月23日(土)〜4月7日(日)まで土浦市内亀城公園ほかで開かれる。
  5. 取手市内で見つかった石器や土器を通して、先人のものづくりの技術や工夫を紹介する展示が、4月21日(日)まで同市埋蔵文化財センターで開かれている。
  6. 毎年恒例の花まつりが3月30日(土)〜4月8日(月)に開かれるのを前に、主催する牛久大仏では子どもが主役の「はつまいり」(7日(日))の参加者を募集している。
  7. つくば市では、スタートアップの交流・活動拠点として再整備を進める市産業振興センター内のカフェ事業者を3月29日(金)まで募集している。
  8. 阿見町の桜の名所を観光ガイドと散策するウオーキングイベントが、3月30日(土)阿見町役場駐車場発着で開かれる。
  9. 太平洋を一望できる小名浜オーシャンホテル&ゴルフクラブが、「リニューアルオープン特別記念宿泊プラン」を5月31日(金)まで実施している。
  10. 自社生産による生そばと讃岐うどんが好評の「常陸秋そば・日東農場」では、毎月21日(日祝日の場合翌日)を「ニットーの日」とし人気メニューを特価提供している。
グルメムック「この店とまれ」
注目の記事
  1. オリンピック金メダリストと起業家が夢を持つ大切さを語る講演会が、3月24日(日)午後1時半からつくば国際会議場で開かれる。
  2. 土浦市の「花火」と「桜」をモチーフにしたプロジェクションマッピングが、3月22日(金)と23日(土)同市役所本庁舎東側壁面に投影される。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 牛久大仏「はつまいり」子ども参加者募集
  2. 小名浜オーシャンホテル&ゴルフクラブ
  3. 企画展「先人たちのものづくりを探る」
  4. 「カフェ事業者」募集中
  5. 「土浦桜まつり」
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー