印刷表示
Joyoliving News : 2019年02月09日掲載

「サイエンス・キッズ」新会員募集

小中学生向けの科学体験教室

元筑波大学教授・芳賀和夫さんが主宰する小中学生の科学体験教室「サイエンス・キッズ」が、2019年度の新会員を募集している。

「サイエンス・キッズ」は、知的好奇心を刺激して不思議の発見や謎を解こうとする習慣を身に付けてもらおうと1999年にスタートし、これまでに2000人を超える子どもたちが参加。

活動は月2回程度で、土日祝日を利用。1回の活動は2時間半。夏には宿泊観察会も実施する。指導は芳賀さんや協力機関の専門家が行い、筑波大の学生・院生が補助を務める。

場所は筑波大学や霞ケ浦環境科学センター、野外活動や見学活動は県内各地で行い、いずれも現地集合・解散。対象は小学生・中学生。参加費は一人1回諸経費として1000円〜1500円程度。

定員40人。希望者ははがき、ファクス、メールのいずれかに住所、親の氏名を明記して募集案内を請求する(3月25日(月)締め切り)。

請求先〒305-0033つくば市春日3-7-27-307 芳賀サイエンスラボ
[FAX] 029(863)3032

■問い合わせ
029(863)3033/芳賀さん

■ Mail

記事配信 [ 2019-02-09 09:30:10 ]
ソーシャルサービスで共有:
「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2020-01-25更新 ]
  1. JA全農いばらき直営の農業体験型レジャー施設・ポケットファームどきどきつくば牛久店では、1月25日(土)と26日(日)に「どきどき雪まつり」を開催する。
  2. 「小田のお不動様」として親しまれている小田不動尊の摩崖不動明王立像が、1月28日(火)年に一度のご開帳を迎える。
  3. 染谷家具守谷店が、家具をテーマにした第3回「家具川柳」を募集している。
  4. 東京パラ五輪視覚障害者5人制サッカーに初出場する日本代表のエース・川村怜選手。昨年夏、12年間所属したつくばのクラブチームを離れ、新天地で汗を流している。幼い頃からの「サッカーが好き」という一途な思いを昇華させ、メダルの先にある己の「究極」を追い求める。
  5. 県立中央青年の家恒例の「ぬく森まつり」が、1月26日(日)に開かれる。
  6. イチゴ栽培面積日本一を誇る深作農園では、毎年好評のイチゴ狩りをこのほど開始した。
  7. 阿見町産の常陸秋そばを楽しむイベント「まいあみ そばの里〜あなたのそばに」が、2月2日(日)同町本郷ふれあいセンターで開かれる。
  8. 大型客船で巡る船旅の魅力を紹介する客船クルーズ説明会が、1月27日(月)から県南各地で順次開かれる。
  9. 葬儀の事前準備などが学べる終活セミナーが、1月26日(日)土浦市と阿見町の3会場で開かれる。
  10. カッパの絵で知られる牛久市ゆかりの日本画家小川芋銭の手紙や作品が、同市かっぱの里ギャラリーで展示されている。
Ads by Google

グルメムック「この店とまれ」

注目の記事

イベントカレンダー

筑波国際アカデミー

最新の特集

つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
PAGE TOP