常陽リビング社カルチャー教室ブログ
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2019年2月) > 「感謝を文字で届けよう」
印刷表示
2019年2月7日(木)

「感謝を文字で届けよう」

元横綱へメッセージカード設置中


元横綱の稀勢の里関(32歳、荒磯親方)に向けて感謝の言葉を書き込むメッセージカードが、出身地の牛久市と中学時代まで過ごした龍ケ崎市の店鋪などに設置されている。

両市内の有志でつくる稀綱祭(きずなまつり)実行委員会が「郷土が一体となって気持ちを届けたい」と企画した。名刺大のオリジナルカードを約8000枚作成し、2月上旬から20カ所以上に設置。来店者は思い思いの言葉を書き込んでいる。

「一生忘れられない感動をありがとう」「勇気をもらった」「親方になって横綱を輩出してほしい」などさまざまな感謝や今後の期待の言葉がつづられている。

メッセージは2月中旬ごろまで収集し、本人宛てに届ける予定。実行委の村松慎次さん(50)は「稀勢の里関がこれまでつくってくれた地域や人の絆を大事にして、これからもこの地域が盛り上がっていければ」と話している。

記事配信 [ 2019-02-07 10:30:20 ]
ソーシャルサービスで共有:
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2019-02-20更新 ]
  1. 阿見町のイタリアン・ボーノパスタでは、冬の名物「熱々チーズフォンデュ」が好評を得ている。
  2. 数の計算や重さの計量など、暮らしの中で活躍してきた「はかる」道具を紹介する展示が、2月28日(木)まで龍ケ崎市歴史民俗資料館で開かれている。
  3. 実力派ものまねタレント・神奈月の「ものまねライブ&ビュッフェパーティー」が、3月9日(土)ローブカスミガウラで開かれる。
  4. 天然素材を用いて、製綿から仕立てまで布団製作を自社一貫で行う「ふとんのマスダ」では、保育園用お昼寝布団のオーダーを受け付けている。
  5. 土浦の文化や歴史、自然などを学ぶ「土浦まち歩き学」学士・修士および博士の認定試験が、3月21日(祝)土浦市亀城プラザで開かれる。
  6. テントウムシがトレードマークのパン店「コクスィネル」が、阿見町岡崎にこのほどオープンした。
  7. 美術家の長浜悦子さんは娘の誕生をきっかけに、まるで和菓子のような色彩のひな人形を創作。造形作家として都内の動物園にあるゾウのモニュメントに携わる一方、3年前からは関東・東北豪雨で被災した郷里で作品展を開催。家のそこかしこに置ける小さなひな人形が2月21日(木)から市内でお披露目される。
  8. 県内の成長産業で働こうという「就職・転職フェア」が、イーアスつくばで2月19日(火)に行われる。
  9. 常総市内で一番高い豊田城(新石下2010)から平成最後のスーパームーンをめでる催しが、2月19日(火)に開かれる。
  10. 龍ケ崎市の天然温泉・湯舞音2階のフィットネス&スパ「アクシア」が、2月28日(木)までダイエット応援キャンペーンを実施している。
グルメムック「この店とまれ」
注目の記事
  1. 星空の映像と生演奏の音楽を楽しめる「星空コンサート〜音楽とプラネタリウムのコラボレーション」が、2月17日(日)つくばエキスポセンターのプラネタリウムで開かれる。
  2. 「リーズナブル・おいしい・楽しい」がコンセプトの大衆ビストロYASUDAがこのほど、つくば市研究学園にオープンした。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 熱々チーズがとろり
  2. 神奈月ものまねライブ&ビュッフェパーティー
  3. 年長まで安心して使える
  4. 「土浦まち歩き学」学位認定試験
  5. 2月28日まで、昔のはかる道具展
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー