2018年12月5日(水)

「脳卒中つくばリハビリセンター」

県内初の自費リハビリ施設

Loading...
「まずは2カ月のサポートで改善を目指します」と理学療法士の竹内靖揮さん
「まずは2カ月のサポートで改善を目指します」と理学療法士の竹内靖揮さん

後遺症が残る脳卒中患者向けに保険外で専門的なリハビリを行う県内初の施設「脳卒中つくばリハビリセンター」が、このほどつくば市のユーワールド内にオープンした。

公的な医療・介護保険によるサービスでは内容や時間が限られるため、同センターでは「もっとよくなりたい」と願う患者を対象に症状や目標に合わせた「オーダーメード」のリハビリを1回90分、全額自費で提供している。

スタッフは脳卒中認定を受けた臨床経験10年以上の理学療法士が在籍。「機能の改善や動作の獲得には膨大なトレーニング量が必要です。現状に満足していない方や職場復帰を目指す方など、ぜひ一度お越しください」と同センター。

家族へのリハビリや生活補助指導も行う。つくば市近隣への出張にも対応。初回5000円(税別)、2回目以降1万5000円(税別)、回数券(16回)24万円(税込み)。

2019年1月末まで予約時に「常陽リビング」を見たと伝えると初回無料になる。営業時間/午前10時〜午後7時(時間外応相談)。不定休。

■問い合わせ
[TEL] 029(836)1715/脳卒中つくばリハビリセンター(つくば市下原370-1)

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

記事配信 [2018-12-05 08:30:08]

株式会社常陽リビング社 常陽リビング