常陽リビング社カルチャー教室ブログ
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2018年12月) > 牛久ご当地グルメ「ピザの里」
印刷表示
2018年12月26日(水)

牛久ご当地グルメ「ピザの里」

分厚いおいしさ、ワインとどうぞ

期間限定バーで提供された、小ぶりタイプの「ピザの里」。厚めの生地にチーズや具材がたっぷり
期間限定バーで提供された、小ぶりタイプの「ピザの里」。厚めの生地にチーズや具材がたっぷり

牛久市の新たなご当地グルメとして推奨される分厚いオリジナルピザ「ピザの里」が、市内の飲食店やパン店など12店舗で提供されている。関係者は「牛久といえばピザとワインのイメージになるように」と意気込んでいる。

「ピザの里」は、8年前からピザでの街おこしに取り組んでいた牛久市商工会青年部がこのほど考案。一般的なピザより厚めの生地の中にチーズや具材をたっぷり詰め込んだシカゴピザスタイルで、牛久産食材1品以上の使用を定義付けた。

普段から市内でピザを味わえる環境を整えることで名物として定着させ、人の周遊につなげようと市内店舗に協力を呼び掛けてきた。

2018年11月からは地場産の旬野菜やみそを使うなど、各店が趣向を凝らした多彩な「ピザの里」の提供を開始。12月上旬には、PRを兼ねた期間限定のバーが牛久駅前エスカード牛久内に約1週間開設され、多くの来場者が味わった。

提供店舗は来春までに20店舗程度まで増える見通しで、牛久青年会議所も取り組みに加わるなど名物化の輪は各方面に広がっている。「日常的にピザとワインを楽しめるような街になるといいですね」と市商工会青年部長の入江秀夫さん(42)。

詳しくはホームページ「ピザの里」で検索。

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

記事配信 [ 2018-12-26 10:30:11 ]
ソーシャルサービスで共有:
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2019-01-24更新 ]
  1. 開所50周年を迎えた県立中央青年の家恒例の「ぬく森まつり」が、1月27日(日)に開かれる。
  2. JA全農いばらき直営の農業体験型レジャー施設・ポケットファームどきどきつくば牛久店では、1月26日(土)と27日(日)に「どきどき雪まつり」を開催する。
  3. 無病息災や豊作を願う小正月の火祭り・どんど焼きが、1月19日(土)つくば市小田の小田城跡歴史ひろばで行われる。
  4. オークラフロンティアホテルつくばのカフェテラス・カメリアでは「北海道ブッフェ」を2月16日(土)まで週末限定で実施している。
  5. 研究学園駅から徒歩3分の「キレイ総合研究所」が、2月末までオープンキャンペーンを実施している。
  6. つくば市内の住宅街に母娘が切り盛りするささやかな手作りカレー店が開店し、間もなく1年を迎える。自宅を改装した店のキッチンには、3年前に亡くなった小児外科医齋藤浩さんの写真が飾られ、「生きることは食べること」と料理を振る舞う母娘を傍らでいつも見守っている。
  7. 英語での幼児教育を実践しているキッズクリエーションつくばでは、「幼稚園コース年少クラス」と「未就園児クラス」の4月入園申し込みを受け付けている。
  8. 関鉄観光では、福島県の星野リゾート・アルツ磐梯スキー場への日帰りバスツアーを3月まで実施している。
  9. 筑波大学 国際統合睡眠医科学研究機構(IIIS)では、お茶由来食品素材の睡眠改善効果に関する検査の被験者を募集している。
  10. 明治初期、日本の近代化を支えた名もなき女性たちの姿を描いた映画「紅い襷〜富岡製糸場物語〜」が、2月2日(土)午後2時から牛久市エスカードホールで上映される。
グルメムック「この店とまれ」
注目の記事
  1. JA全農いばらき直営の農業体験型レジャー施設・ポケットファームどきどきつくば牛久店では、1月26日(土)と27日(日)に「どきどき雪まつり」を開催する。
  2. 筑波大学 国際統合睡眠医科学研究機構(IIIS)では、お茶由来食品素材の睡眠改善効果に関する検査の被験者を募集している。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 4月入園申し込み受け付け中
  2. 日帰りスキーツアー
  3. キャンペーン実施中
  4. 北のおいしさを満喫「北海道ブッフェ」
  5. 「ぬく森まつり」
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー