茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2018年12月) > 霞ケ浦湖上で楽しむ「初日の出クルーズ」
印刷表示
2018年12月17日(月)

霞ケ浦湖上で楽しむ「初日の出クルーズ」

予約受け付け中

ラクスマリーナ(土浦市)では、遊覧船ホワイトアイリス号から初日の出を望む「初日の出クルーズ」の予約を受け付けている。

元日の午前6時に土浦港を出港し、初日の出を待つ間に豚汁や日本酒、ドリンクなどが振る舞われる。乗船料金は大人3000円、小学生以下1000円。午前7時半頃帰港予定。

また、ハーバー開きとなる1月6日(日)には餅つきやお神酒振る舞いのほか、「誰でも楽しもう霞ケ浦」と題したイベントを実施し、乗船体験などを行う。予約制、午前10時から。大人1000円、小学生以下500円。

■申し込み・問い合わせ
Tel 029(822)2437/ラクスマリーナ

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

記事配信 [ 2018-12-17 10:30:16 ]
ソーシャルサービスで共有:
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2019-06-17更新 ]
  1. 筑波学院大学の学食「カフェ・ド・グルマン」が来月をめどに営業を終了するのに伴い、支援する筑波大学の学生らがクラウドファンディングで移転の資金を募っている。
  2. 土浦協同病院の心不全について学ぶ市民公開講座が、6月29日(土)と7月7日(日)開かれる。
  3. 多彩な活動を行うボランティアやNPO団体が集まる市民活動フェスタが、6月16日(日)つくばセンター広場で開かれる。
  4. 世界最大級のプラネタリウムドームを有するつくばエキスポセンターが“満天の星空"を各地に届けている。幼稚園や小学校に出向く「科学出前活動」の一環で、中に入って星空観察ができるドームスクリーンは手作り。知識と技術を駆使した天体ショーで、月と星の学習を分かりやすく伝えている。
  5. さまざまな仏壇が並ぶ「リビング仏壇展」が、6月22日(土)〜7月16日(火)まで山新グランステージつくば2階インテリアステージで開かれる。
  6. プロ野球イースタン・リーグ公式戦「北海道日本ハムファイターズ対読売ジャイアンツ」が、6月22日(土)土浦市J:COMスタジアム土浦、23日(日)龍ケ崎市たつのこスタジアムで開催される。
  7. 龍ケ崎市の朝田紙店が主宰する「和紙おりがみ教室」作品展が、6月22日(土)・23日(日)三越牛久店アートギャラリーで開かれる。
  8. 脳と「聞こえ」について学ぶセミナーが、6月17日(月)つくば国際会議場で開かれる。
  9. メロン生産量日本一の鉾田市で50年以上栽培に取り組む深作農園では、完熟メロンを7月下旬まで販売している。
  10. つくば市内で毎月1回、吃音(きつおん)症の子ども対象の交流会を行ってきた「ゆうゆうゆう会」がこのほど筑波大学内に拠点を移し、学生らが主体となって運営を続けている。同会では「悩みを共有し仲間を見つけてほしい」と参加を呼び掛けている。
facebookページ「つくスタ情報局 〜つくばスタイルの魅力発信!〜」
注目の記事
  1. 龍ケ崎市の朝田紙店が主宰する「和紙おりがみ教室」作品展が、6月22日(土)・23日(日)三越牛久店アートギャラリーで開かれる。
  2. プロ野球イースタン・リーグ公式戦「北海道日本ハムファイターズ対読売ジャイアンツ」が、6月22日(土)土浦市J:COMスタジアム土浦、23日(日)龍ケ崎市たつのこスタジアムで開催される。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. つくば、フレンチの名店「存続させたい」
  2. 市民公開講座
  3. 「リビング仏壇展」
  4. どこでも“満天の星空”
  5. ギフトは完熟メロン
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー