茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2018年12月) > 貧困家庭の子どもに「宅食配」
印刷表示
2018年12月3日(月)

貧困家庭の子どもに「宅食配」

12月25日箱詰めボランティア

子ども食堂や学習支援に取り組むNPO法人未来の子どもネットワーク(笠井弘子代表)が、クリスマス当日の12月25日(火)貧困家庭の子どもたちにおもちゃや食べ物を届ける。団体では、当日の箱詰め作業を行うボランティアを10日(月)まで募集している。

同NPO法人が龍ケ崎市内で運営する無料塾と居場所サポート施設には、現在2〜18歳までの36人が通う。「給食がない冬休み中は特に支援の手が必要」(笠井さん)と、今回は行政が市内の生活保護や準要保護児童がいる世帯に連絡。申し込み順の100世帯に保護司や更生保護女性会、民生委員らが手渡しの「宅食配」を行うことで地域の見守り態勢につなげたい考え。

箱詰めボランティアは25日午前9時にみらサポ子ども食堂(場所非公開)に集合。希望者は電話で申し込む(定員10人)。

また、おもちゃ(付属電池や洗浄必須)、米、菓子、缶詰、ふりかけ、カップラーメン、のり、餅、レトルト食品など消費期限が来年1月末までの食品等も募る(23日(祝)必着か持参する)。

■申し込み・問い合わせ
Tel 0297(62)8932/事務局(龍ケ崎市城ノ内3-2-2)

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

記事配信 [ 2018-12-03 09:30:21 ]
ソーシャルサービスで共有:
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2019-07-21更新 ]
  1. つくば市主催の「つくばスポーツフェスティバル2019」が、7月20日(土)午前10時からつくばカピオで開かれる。
  2. つくば市内の6つの研究教育施設を巡るつくばサイエンスツアーバスが、7月20日(土)〜9月1日(日)まで特別運行する。
  3. 靴とインソールの専門店「てくてく館」では、外反母趾やひざ・足裏の痛みで悩む人向けの「靴とインソールの無料相談会」を、7月20日(土)〜8月6日(火)に開く。
  4. グリム童話を再解釈した子ども向けの舞台「グレーテルとヘンゼル」が、8月3日(土)午後4時・4日(日)午前11時につくばカピオで上演される。
  5. 乳幼児から自由に遊べる森の中のプレーパークが阿見町内の里山で月1回開かれ、思い切り外遊びしたい親子の憩いの場となっている。
  6. 筑波大学体育系大藏研究室が、「12週間ビタミンB3類縁体サプリメント摂取研究」の参加者を募集している。
  7. つくば市の花畑近隣公園プールが今年もオープンし、親子連れを中心ににぎわっている。
  8. オークラフロンティアホテルつくばの中国料理「桃花林」が、8月31日(土)まで人気メニュー「ホテル会員限定ランチコース」に高級料理の「北京ダック」を付けて提供する。
  9. 築40年の家をリノベーションした展示場が牛久市にオープンし、7月20日(土)と21日(日)見学会が開かれる。
  10. ユネスコ無形文化遺産に指定されている岐阜県美濃市の本美濃紙にも使われる大子町産「大子那須楮」を紹介する写真展が、7月23日(火)〜30日(火)まで土浦市民ギャラリーで開かれる。
facebookページ「つくスタ情報局 〜つくばスタイルの魅力発信!〜」
注目の記事
  1. つくば市主催の「つくばスポーツフェスティバル2019」が、7月20日(土)午前10時からつくばカピオで開かれる。
  2. 小学生の7割以上が放課後に全く外遊びをしないー。こんな調査結果がこのほど公表され、保護者らから驚きの声が上がっている。急激な人口増加が続くつくば市内でも子どもが自由に遊べる場所は減少傾向に。「幼少期に手つかずの自然や外遊びを経験させたい」と活動する親たちを取材した。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 舞台「グレーテルとヘンゼル」
  2. 靴とインソールの無料相談会
  3. 7月20日と21日、展示場オープンで見学会開催
  4. 「大子那須楮」の写真展
  5. つくばサイエンスツアーバス
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー