茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2018年12月) > 「脳卒中つくばリハビリセンター」
地図表示 印刷表示
2018年12月5日(水)

「脳卒中つくばリハビリセンター」

県内初の自費リハビリ施設

「まずは2カ月のサポートで改善を目指します」と理学療法士の竹内靖揮さん
「まずは2カ月のサポートで改善を目指します」と理学療法士の竹内靖揮さん

後遺症が残る脳卒中患者向けに保険外で専門的なリハビリを行う県内初の施設「脳卒中つくばリハビリセンター」が、このほどつくば市のユーワールド内にオープンした。

公的な医療・介護保険によるサービスでは内容や時間が限られるため、同センターでは「もっとよくなりたい」と願う患者を対象に症状や目標に合わせた「オーダーメード」のリハビリを1回90分、全額自費で提供している。

スタッフは脳卒中認定を受けた臨床経験10年以上の理学療法士が在籍。「機能の改善や動作の獲得には膨大なトレーニング量が必要です。現状に満足していない方や職場復帰を目指す方など、ぜひ一度お越しください」と同センター。

家族へのリハビリや生活補助指導も行う。つくば市近隣への出張にも対応。初回5000円(税別)、2回目以降1万5000円(税別)、回数券(16回)24万円(税込み)。

2019年1月末まで予約時に「常陽リビング」を見たと伝えると初回無料になる。営業時間/午前10時〜午後7時(時間外応相談)。不定休。

■問い合わせ
Tel 029(836)1715/脳卒中つくばリハビリセンター(つくば市下原370-1)

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

地図表示 印刷表示
記事配信 [ 2018-12-05 08:30:08 ]
ソーシャルサービスで共有:
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2019-02-20更新 ]
  1. 常総市水海道宝町の商店街に、関東・東北豪雨で被害を受けた空き店舗を利用した甘味処がこのほど開店。程よい甘さの大判焼きを求める老若男女で連日にぎわっている。
  2. NPO法人ダンスアソシエーションシーズが、年に一度のダンスの祭典「つくばパフォーマンスフェスティバル」を3月24日(日)につくばカピオホールで開催する。
  3. 森の中のモビリティテーマパーク・ツインリンクもてぎでは、3月9日(土)に誕生する新アトラクション「巨大ネットの森SUMIKA」のオープンに合わせ50組の家族を無料招待するキャンペーンを行っている。
  4. 阿見町のイタリアン・ボーノパスタでは、冬の名物「熱々チーズフォンデュ」が好評を得ている。
  5. 土浦市の料亭・霞月楼では、彩り豊かな特別メニュー「雛まつり点心・桃月香」を2月25日(月)から3月3日(日)までの期間限定で提供する。
  6. 実力派ものまねタレント・神奈月の「ものまねライブ&ビュッフェパーティー」が、3月9日(土)ローブカスミガウラで開かれる。
  7. 数の計算や重さの計量など、暮らしの中で活躍してきた「はかる」道具を紹介する展示が、2月28日(木)まで龍ケ崎市歴史民俗資料館で開かれている。
  8. 土浦の文化や歴史、自然などを学ぶ「土浦まち歩き学」学士・修士および博士の認定試験が、3月21日(祝)土浦市亀城プラザで開かれる。
  9. 天然素材を用いて、製綿から仕立てまで布団製作を自社一貫で行う「ふとんのマスダ」では、保育園用お昼寝布団のオーダーを受け付けている。
  10. テントウムシがトレードマークのパン店「コクスィネル」が、阿見町岡崎にこのほどオープンした。
facebookページ「つくスタ情報局 〜つくばスタイルの魅力発信!〜」
注目の記事
  1. 星空の映像と生演奏の音楽を楽しめる「星空コンサート〜音楽とプラネタリウムのコラボレーション」が、2月17日(日)つくばエキスポセンターのプラネタリウムで開かれる。
  2. 「リーズナブル・おいしい・楽しい」がコンセプトの大衆ビストロYASUDAがこのほど、つくば市研究学園にオープンした。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 「巨大ネットの森SUMIKA」
  2. 常総の商店街に「大判焼き屋」開店
  3. 年に一度のダンスの祭典
  4. 期間限定「雛まつり点心・桃月香」
  5. 熱々チーズがとろり
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー