常陽リビング社カルチャー教室ブログ
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2018年12月) > 「脳卒中つくばリハビリセンター」
地図表示 印刷表示
2018年12月5日(水)

「脳卒中つくばリハビリセンター」

県内初の自費リハビリ施設

「まずは2カ月のサポートで改善を目指します」と理学療法士の竹内靖揮さん
「まずは2カ月のサポートで改善を目指します」と理学療法士の竹内靖揮さん

後遺症が残る脳卒中患者向けに保険外で専門的なリハビリを行う県内初の施設「脳卒中つくばリハビリセンター」が、このほどつくば市のユーワールド内にオープンした。

公的な医療・介護保険によるサービスでは内容や時間が限られるため、同センターでは「もっとよくなりたい」と願う患者を対象に症状や目標に合わせた「オーダーメード」のリハビリを1回90分、全額自費で提供している。

スタッフは脳卒中認定を受けた臨床経験10年以上の理学療法士が在籍。「機能の改善や動作の獲得には膨大なトレーニング量が必要です。現状に満足していない方や職場復帰を目指す方など、ぜひ一度お越しください」と同センター。

家族へのリハビリや生活補助指導も行う。つくば市近隣への出張にも対応。初回5000円(税別)、2回目以降1万5000円(税別)、回数券(16回)24万円(税込み)。

2019年1月末まで予約時に「常陽リビング」を見たと伝えると初回無料になる。営業時間/午前10時〜午後7時(時間外応相談)。不定休。

■問い合わせ
Tel 029(836)1715/脳卒中つくばリハビリセンター(つくば市下原370-1)

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

地図表示 印刷表示
記事配信 [ 2018-12-05 08:30:08 ]
ソーシャルサービスで共有:
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2019-04-26更新 ]
  1. 縄文文化を体験する催しが、5月3日(祝)と4日(祝)美浦村文化財センターで開かれる。
  2. ものまねやマジックショーなど多彩なイベントが楽しめる催し「なつかし露店と大道芸人」が、5月3日(祝)〜6日(振休)牛久市久野町の牛久大仏で開かれる。
  3. 帆引き船フェスタが、5月3日(祝)かすみがうら市歩崎公園で開かれる。
  4. オークラフロンティアホテルつくばのカフェテラス「カメリア」が、大型連休に合わせ「GWファミリーブッフェ〜アジア・欧州カレー紀行」を実施する。
  5. さまざまな遊びや催しを集めた恒例の「鯉のぼりプロジェクトin岡堰」が、4月29日(祝)〜5月5日(祝)取手市の岡堰周辺で開かれる。
  6. 昔ながらの技法で作られた染物と織物の作品展が、5月6日(振休)まで龍ケ崎市歴史民俗資料館で開かれている。
  7. 手作り雑貨やアロマクラフトなどが並ぶ「初夏マルシェ」が、5月6日(振休)龍ケ崎市の温浴施設「竹屋陶板浴」で開かれる。
  8. 開店10周年を迎えたスペシャルティコーヒー豆専門店・トライブが、5月3日(祝)〜6日(振休)記念イベントを実施する。
  9. つくば市周辺を拠点に活動する作家団体「アートウェーヴつくば」の結成25周年を記念する作品展が、4月23日(火)〜29日(祝)まで県つくば美術館で開かれる。
  10. 創造の幅を広げる絵本の魅力が詰まった展覧会が、5月6日(月)まで土浦市民ギャラリーで開かれている。
女性ライフスタイル情報紙「Chou*Chou」
注目の記事
  1. こだわりの食パンが人気のカズキッチンが、昨年11月に移転オープン。米粉スポンジを使用するシェフ自慢のケーキはすべてグルテンフリーで提供している。
  2. 戦時下の広島が舞台のアニメ映画「この世界の片隅に」が、劇場公開から2年半を経て異例のロングランを続けている。現在、全国唯一の上映となった土浦市内の映画館はファンの間で広島市、呉市に続く「第三の聖地」に。こうした動きと呼応するかのように、土浦市内では市立博物館と連携した「海軍の街歩きマップ」が作製された。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 「なつかし露店と大道芸人」
  2. 布(ふ)れあい染織展
  3. 体喜ぶ初夏マルシェ
  4. 美浦で縄文文化を体験
  5. 家族で遊ぼう!「帆引き船フェスタ」
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー