常陽リビング社カルチャー教室ブログ
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 茨城歴史散歩 > 金龍寺
茨城歴史散歩
[2010-03-11 up]

金龍寺 - 龍ヶ崎市

新田家の菩提寺 口承伝わる古刹


 

境内裏手には義貞をはじめ、新田氏代々の墓がある

龍ケ崎市北西部、丘の上に建つ金龍寺には「牛久沼」の名前の由来にもなった口承伝説が残っている。

金龍寺は、鎌倉末期から南北朝時代にかけて活躍した豪族・新田義貞の孫・貞氏が、祖父の霊を鎮めるため1407年(応永14)、上州太田(現在の群馬県太田市)に建立した。


1588年(天正16)秀吉の「小田原攻め」の際には、義貞の子孫・由良国繁の母が北条氏を相手に武功を挙げ、息子の国繁は牛久城主となり金龍寺も牛久に移った。

そのころ、寺には3人の小坊主が修行していた。中でも智雲(ちうん)は大食漢で怠け者。食っては寝てを繰り返す智雲に「牛になるぞ」と2世住職の天陰玄鎖(てんいんげんさ)が注意したが、ある日智雲の尻からは本当に尻尾が生えてきた。

牛になってしまった智雲は言うことを聞かなかった自分を恥じ、近くの沼に入水。引きとめようと天陰玄鎖が智雲の尻尾をつかむと、根元からぷつりと切れた。「それから牛を食う沼、牛久沼という名前になったのです」と現41世の渡辺弘道住職。

天陰玄鎖は供養として、葬式で仏をあの世に導く(引導を渡す)ときに使う一対の仏具「払子(ほっす)」を尻尾で作ったが、いつのころからか行方不明に。もう一つの払子は智雲の生まれ故郷・福井県の慈眼寺にあるといわれている。


 

金龍寺 - 地図

Loading...

歴史スポットマップに戻る
茨城歴史散歩のトップに戻る

 

Ads by Google

常陽リビングのTOPに戻る

 

注目の記事
  1. つくば山水亭では、料亭の味が家庭や職場で楽しめる弁当の仕出し販売を、5月10日(日)から行う。
  2. 「たけちゃん」こと福島毅さんは、流木や鉄くずなどの廃材で独創的な看板を造るクリエイター。自我を抑えつけうつ病に苦しんだ青春時代から一転、四十を過ぎ自由奔放な創作で自己を解放。子どもたちが五感の赴くまま自然体験できるキャンプ場を八郷地区の工房敷地内に整備し1年が経つ。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 「福鮨」のテークアウト好評
  2. 洗えるガーゼマスク
  3. 聞こえの相談会6月30日まで
  4. ジャック・ニクラスゴルフセンターつくば
  5. 家族で楽しく「大掃除」
「常陽リビングニュース」アクセス上位記事
茨城歴史散歩