茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 茨城歴史散歩 > 得月院のカヤの木
茨城歴史散歩
[2009-03-13 up]

得月院のカヤの木 - 牛久市

芋銭の墓見守る歴史ある大木


牛久城大手門跡近くにある得月院の本堂脇には、樹齢500年、幹周り5メートルの市指定文化財・カヤの大木がそびえ立つ。

数年前、降雪で折れた枝が下にあった墓石を壊すほどの樹勢を誇るカヤの木は「蚊遣り」として焚いて煙をなびかせたことからその名がついたとされ、緻密(ちみつ)で堅く、木工や将棋盤などに使われる。

得月院は牛久城主・由良国繁の母・妙印尼(みょういんに)の菩提寺として1596年(慶長元)に開山。境内には牛久沼の河童の絵で知られる日本画家・小川芋銭の墓もある。

1913年(大正2)に得月院が全焼した際、芋銭は金銭や書画を寄付するなどして復興に力を尽くした。その功績に感謝した住職は芋銭亡き後、「得月院中興開基」という特別の称号を与えたという。

1919年(大正8)芋銭は大木をモチーフにした日本画「樹下石下談」を日本美術院の展覧会に出展。芋銭の労をねぎらうように、「市民の木」にも指定されている大木が今も枝を広げる。


 

得月院のカヤの木 - 地図

Loading...

歴史スポットマップに戻る
茨城歴史散歩のトップに戻る

 

Ads by Google

常陽リビングのTOPに戻る

 

注目の記事
  1. 公募型文学賞「松本清張賞」の第27回受賞作品がこのほど発表され、阿見町出身の県職員・千葉ともこさんの『震雷の人』が栄誉に輝いた。自身初の長編となった同作は、中国王朝・唐の時代を舞台に兄と妹の成長を色濃く描写。9月の出版も決まるなど小説家への一歩を踏み出した千葉さんは、「数多くの作品を書きたい」と飛躍を誓う。
  2. 日本とタイで貿易事業を展開する龍ケ崎市出身の田中明人さんが、地元活性化に向けた活動を始めている。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 「かやぶき技術、次世代に継承したい」
  2. 3歳児検診で「子どもの弱視」早期発見
  3. 建築資金券プレゼントキャンペーン
  4. ボランティアスタッフ募集
  5. 再開めざし奮闘、 観光ボランティアガイド
「常陽リビングニュース」アクセス上位記事
茨城歴史散歩