茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 茨城歴史散歩 > 崎浜横穴墓群
茨城歴史散歩
[2008-05-16 up]

崎浜横穴墓群 - かすみがうら市

かつては海の底 カキ殻層のお墓


霞ケ浦沿いの細い県道118号線。ハス田を右手に歩崎方面に進むと、左側土手に奇妙な横穴が姿を現す。びっしりとカキ殻層がむき出しになった横穴は一見貝塚に見えるが、実は霞ケ浦がかつて海だったことを示す自然貝層。横穴の正体は古墳時代後期の崎浜横穴墓群。

県北ではこうした海岸の岸壁を利用した横穴墓が多いが、県南では珍しい。その起源は645年(大化元)、中大兄皇子や中臣鎌足によって行われた大化の改新にまでさかのぼる。翌年に改新の詔(みことのり)が発せられると、墳墓の大小・造成期間を死者の身分で規定し簡素化を図る薄墓令により、古墳時代は事実上終了。「巨大な墳墓を造る時間や労力を食料増産などに回したほうがはるかに効率が良いと考えたのでしょう」とかすみがうら市郷土資料館の千葉隆司さん。以後は低墳丘が主流になったが、崎浜横穴墓群は薄墓令以後に造られた。

「すでに東海道が整備されていたはずですから、中央からの法令が届かなかったということは考えにくい。安房地方(千葉)の横穴墓を造る集団の影響かもしれません」と明確な理由はいまだ不明。

昭和初期の県道敷設でその大部分がはぎ取られ、現在残っているのは遺体を安置した玄室の3分の2ほど。役目を終えた16基の横穴墓は、朝夕の日差しに照らされた霞ケ浦にぽっかりと穴を向けている。

※個人所有の土地のため問い合わせ先は掲載しません


 

歴史スポットマップに戻る
茨城歴史散歩のトップに戻る

 

Ads by Google

常陽リビングのTOPに戻る

 

注目の記事
  1. 公募型文学賞「松本清張賞」の第27回受賞作品がこのほど発表され、阿見町出身の県職員・千葉ともこさんの『震雷の人』が栄誉に輝いた。自身初の長編となった同作は、中国王朝・唐の時代を舞台に兄と妹の成長を色濃く描写。9月の出版も決まるなど小説家への一歩を踏み出した千葉さんは、「数多くの作品を書きたい」と飛躍を誓う。
  2. 日本とタイで貿易事業を展開する龍ケ崎市出身の田中明人さんが、地元活性化に向けた活動を始めている。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 「かやぶき技術、次世代に継承したい」
  2. 3歳児検診で「子どもの弱視」早期発見
  3. 建築資金券プレゼントキャンペーン
  4. ボランティアスタッフ募集
  5. 再開めざし奮闘、 観光ボランティアガイド
「常陽リビングニュース」アクセス上位記事
茨城歴史散歩