常陽リビング社カルチャー教室ブログ
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 茨城歴史散歩 > 岩室の大師様
茨城歴史散歩
[2008-01-11 up]

岩室の大師様 - つくば市

あつき信仰心に応え 洞窟に石仏を奉納




封鎖された洞窟の入口

つくば市の安福寺本堂脇に、岩室の大師様が静かに並んでいる。

約50年前、檀家や信者が所有する大師像を寺に奉納しようとしたところ、旧谷田部町西岡の岡野宮之助さん、同町山中の小川茂さんが一大決意。2年の歳月をかけ敷地内の竹山に四十二間(約50メートル)の横穴を掘り、周囲をコンクリートで塗り固めた。内部は人がかがまずに歩けるほど広く、各家の大師像60余体を奉納。しかし、排水設備を設けなかったため洞窟は次第に水浸しに。子供が中で遊ぶと危険だと判断した住職の手で1989年(平成元)に封鎖された。

「自分が小さいころ二人が一生懸命穴を掘っていたのを今でも覚えています」と述懐するのは舘野正弘住職。檀家や信者は洞窟信仰に基づき、穴の中に大師像を奉納したと推測される。「二人は作業中、竹山を岩山に見立てて掘っていました。だから岩室の大師様と呼ぶのです」。現在本堂脇に整然と安置される大師像一体一体には「南無大師遍照金剛」という弘法大師への祈りの言葉が刻まれている。

[TEL]029(856)4515/安福寺


 

岩室の大師様 - 地図

Loading...

歴史スポットマップに戻る
茨城歴史散歩のトップに戻る

 

Ads by Google

常陽リビングのTOPに戻る

 

注目の記事
  1. 公募型文学賞「松本清張賞」の第27回受賞作品がこのほど発表され、阿見町出身の県職員・千葉ともこさんの『震雷の人』が栄誉に輝いた。自身初の長編となった同作は、中国王朝・唐の時代を舞台に兄と妹の成長を色濃く描写。9月の出版も決まるなど小説家への一歩を踏み出した千葉さんは、「数多くの作品を書きたい」と飛躍を誓う。
  2. 日本とタイで貿易事業を展開する龍ケ崎市出身の田中明人さんが、地元活性化に向けた活動を始めている。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 「かやぶき技術、次世代に継承したい」
  2. 3歳児検診で「子どもの弱視」早期発見
  3. 建築資金券プレゼントキャンペーン
  4. ボランティアスタッフ募集
  5. 再開めざし奮闘、 観光ボランティアガイド
「常陽リビングニュース」アクセス上位記事
茨城歴史散歩