茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 茨城県のイベント情報 > 土浦市立博物館「はたおり」作品展

茨城県のイベント情報


地図表示
[ 土浦市 ]

土浦市立博物館「はたおり」作品展


2020年2月22日(土) ~ 2020年3月1日(日)

バッグなどの展示品
バッグなどの展示品

かつて土浦周辺の農家が農閑期に行っていた「はたおり」を再現した作品展が、2月22日(土)〜3月1日(日)まで土浦市立博物館で開かれている。午前9時〜午後4時半。

展示しているのは令和元年度の「はたごしらえ」講座受講生が半年かけて仕上げた作品や、はたおり伝承グループ「綿の実」の手紡ぎ作品や昔ながらの機織り機などを使って織った作務衣、もんぺなど。期間中は綿切りろくろを使って種と繊維をより分ける無料体験のほか、裂いた古布を横糸に再利用するはたおり体験(材料費200円、水〜金曜午前9時半〜11時半、土〜月曜午前9時半〜午後2時半)も行われる。

入館料大人105円、小中高生50円。月曜休館。

■申し込み・問い合わせ
[TEL] 029(824)2928/土浦市立博物館

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。



前のページに戻る
イベント情報のトップに戻る

 

前後のイベント
美術展・企画展など長期間開催のイベントは、施設休館日でもカレンダー上に表示されております。あらかじめご了承ください。
2月19日(水)
2月20日(木)
2月21日(金)
2月22日(土)
2月23日(祝)
2月24日(祝)
2月25日(火)

 

Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2020-07-15更新 ]
  1. 日本とタイで貿易事業を展開する龍ケ崎市出身の田中明人さんが、地元活性化に向けた活動を始めている。
  2. 公募型文学賞「松本清張賞」の第27回受賞作品がこのほど発表され、阿見町出身の県職員・千葉ともこさんの『震雷の人』が栄誉に輝いた。自身初の長編となった同作は、中国王朝・唐の時代を舞台に兄と妹の成長を色濃く描写。9月の出版も決まるなど小説家への一歩を踏み出した千葉さんは、「数多くの作品を書きたい」と飛躍を誓う。
  3. 下妻市では「ふるさと納税クラウドファンディング」を活用し、子どもの弱視を発見できる「スポットビジョンスクリーナー」をこのほど県内で初めて導入した。
  4. 自然体験ができる催しが、8月に土浦市永井の県立中央青年の家で開かれる。
  5. チャリティーサンタつくば支部では、年間を通して活動できるボランティアスタッフを募集する説明会を実施する。
  6. 令和2年度石岡市地域おこし協力隊員に任命された静岡県静岡市出身の牧田沙弥香さんが、活動を開始している。
  7. 高品質の住まいを提供するトヨタホーム茨城が、税込み総額1億円分の「建築資金券プレゼント」キャンペーンを8月31日(月)まで実施している。
  8. 木の特色を生かした住友林業施工による住宅が完成し、7月11日(土)と12日(日)、18日(土)、19日(日)つくばみらい市富士見ケ丘の現地で見学会が開かれる。
  9. 2018年12月に営業を休止していた牛久シャトーのレストラン・ショップ部門が、このほど再開された。
  10. 「家族葬ハウスかれん荒川沖」と、系列店の「1日葬ルーム小さなかれん阿見」では、新盆を迎える人のさまざまな疑問に応える「お盆展示会」を7月11日(土)、12日(日)、22日(水)、23日(木)に開催する。
前のページに戻る
イベント情報のトップに戻る

 

注目の記事
  1. 公募型文学賞「松本清張賞」の第27回受賞作品がこのほど発表され、阿見町出身の県職員・千葉ともこさんの『震雷の人』が栄誉に輝いた。自身初の長編となった同作は、中国王朝・唐の時代を舞台に兄と妹の成長を色濃く描写。9月の出版も決まるなど小説家への一歩を踏み出した千葉さんは、「数多くの作品を書きたい」と飛躍を誓う。
  2. 日本とタイで貿易事業を展開する龍ケ崎市出身の田中明人さんが、地元活性化に向けた活動を始めている。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 「かやぶき技術、次世代に継承したい」
  2. 3歳児検診で「子どもの弱視」早期発見
  3. 建築資金券プレゼントキャンペーン
  4. ボランティアスタッフ募集
  5. 再開めざし奮闘、 観光ボランティアガイド
掲載案内