常陽リビング社カルチャー教室ブログ
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 茨城県のイベント情報 > 「土浦の花火」展
2020年1月のイベント情報
 
 
 






2020年2月のイベント情報
 
 
 
 
 
 


10
11
12
13
14
15

17
18
19
20
21
22

23
24
25
26
27
28
29


2020年3月のイベント情報
1
2
3
4
5
6
7

8
9
10
11
12
13
14

15
16
17
18
19
20
21

22
23
24
25
26
27
28

29
30
31



筑波国際アカデミー

茨城県のイベント情報


地図表示
[ 土浦市 ]

「土浦の花火」展


2019年9月14日(土) ~ 2019年11月10日(日)

花火玉(模造)や歴代のパンフレットが並ぶ展示室
花火玉(模造)や歴代のパンフレットが並ぶ展示室

今年で88回目を迎える土浦全国花火競技大会のテーマ展が、11月10日(日)まで土浦市立博物館で開かれている。午前9時〜午後4時半。

真夏ではなく「秋に」行われる花火大会の歴史をひもとく同展。展示室中央には10号玉や5号玉の打ち上げ筒がお目見え。

昭和天皇崩御で中止となった昭和63年のポスターのほか桜川堤、新川畔、霞ケ浦湖上と打ち上げ場所の変遷が分かる歴代パンフレットなどが並び、大会の格を上げた内閣総理大臣賞杯、スターマインの優勝者に贈られた通産大臣賞トロフィーも展示。
県内花火大会の先駆けとなった笠間稲荷神社全国煙火競技会(大正6年開始)と開催時期をずらし第2回大会以降は10月開催となった土浦の花火。

昭和7年以降の大会プログラムには、主催者が神龍寺の秋元梅峯住職が組織した大日本仏教護国団から民間に移管された影響で裏面の広告欄には商工業者の名前があふれ、土浦国民学校の児童らに郷土を解説した『土浦郷土読本』(昭和15年発行)には「桜川提の桜」と秋の「煙火大会」の項目があるなど「この時期土浦の花火が秋の風物詩として市民に定着してきた」と同館学芸員の関口満さん。

期間中の10月5日(土)と14日(祝)の午前10時半〜11時50分には展示解説と歴史散歩「土浦の花火と神龍寺」、花火大会当日の9月26日(土)には「大畑からかさ万灯」の様子も写したミュージアムシアター「土浦の二つの花火」上映会(いずれも参加無料)、11月3日(祝)には土浦二高茶道部による呈茶(200円)、展示室前には花火筒の前で花火師の法被とヘルメット姿で写真が取れるスペースもある。

入館料一般105円、小中生50円。花火大会当日と11月3日(祝)は無料開館。

■問い合わせ
[TEL] 029(824)2928/同館

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。



前のページに戻る
イベント情報のトップに戻る

 

前後のイベント
美術展・企画展など長期間開催のイベントは、施設休館日でもカレンダー上に表示されております。あらかじめご了承ください。
9月11日(水)
9月12日(木)
9月13日(金)
9月14日(土)
9月15日(日)
9月16日(祝)
9月17日(火)

 

Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2020-01-21更新 ]
  1. JA全農いばらき直営の農業体験型レジャー施設・ポケットファームどきどきつくば牛久店では、1月25日(土)と26日(日)に「どきどき雪まつり」を開催する。
  2. 東京パラ五輪視覚障害者5人制サッカーに初出場する日本代表のエース・川村怜選手。昨年夏、12年間所属したつくばのクラブチームを離れ、新天地で汗を流している。幼い頃からの「サッカーが好き」という一途な思いを昇華させ、メダルの先にある己の「究極」を追い求める。
  3. 葬儀の事前準備などが学べる終活セミナーが、1月26日(日)土浦市と阿見町の3会場で開かれる。
  4. 県立中央青年の家恒例の「ぬく森まつり」が、1月26日(日)に開かれる。
  5. 染谷家具守谷店が、家具をテーマにした第3回「家具川柳」を募集している。
  6. 若者によるチャレンジショップが、1月27日(月)〜2月7日(金)までつくば市役所1階にオープンする。
  7. かすみがうら市公式キャラクター「かすみがうにゃ」のLINEスタンプが、このほど発売。市担当者は「普段の生活で使ってもらうことで、市民の皆様に身近に感じてもらえたら」と話している。
  8. プロ野球ソフトバンクから育成ドラフトで指名された土浦湖北高校出身で仙台大学4年の大関友久投手(22)が、このほど土浦市内で母校野球部OB有志ら主催による「応援する会」で飛躍を誓った。
  9. 自然素材の注文住宅を提供するグッドリビング主催による各種イベントが、1月19日(日)から順次開かれる。
  10. 取手市内7つの高校が芸術活動を発表する「とりでスクール・アートフェスティバル」が、1月18日(土)〜25日(土)まで市内2カ所で開かれる。
前のページに戻る
イベント情報のトップに戻る

 

注目の記事
  1. 染谷家具守谷店が、家具をテーマにした第3回「家具川柳」を募集している。
  2. 宝篋山の登山客やりんりんロードを走るサイクリストが気軽に立ち寄れる小さな街の駅「TAMARIBAR」が、このほどつくば市小田に誕生した。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 県立中央青年の家で「ぬく森まつり」
  2. 山形の雪で遊ぶ「雪まつり」
  3. もしもの時に備える「終活セミナー」
  4. つくば市役所に「チャレンジショップ」オープン
  5. 1〜2月、グッドリビングが家づくりイベント実施
掲載案内