常陽リビング社カルチャー教室ブログ
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 茨城県のイベント情報 > 予科練平和記念館収蔵資料展「絵葉書と日記」

茨城県のイベント情報


地図表示
[ 阿見町 ]

予科練平和記念館収蔵資料展「絵葉書と日記」


2019年1月29日(火) 〜 2019年3月31日(日)

日記は「三V兵(さんとうひこうへい)」「バット(棒で尻をたたかれる海軍の罰の一つ)」など用語解説付き
日記は「三V兵(さんとうひこうへい)」「バット(棒で尻をたたかれる海軍の罰の一つ)」など用語解説付き

収蔵資料展「絵葉書と日記」が、3月31日(日)まで阿見町の予科練平和記念館で開かれている。午前9時〜午後5時(入館4時半まで)。

昭和20年以前に発行された絵はがき75枚と、昨年同館で公開された予科練習生木村孝正氏(阿見町出身)の日記を公開。絵はがきの大部分は土浦市内在住者から寄贈されたもので、赤城や金剛など海軍の主力艦や満州国の製鋼や鉄道、農業などをPRしたもの、陸軍恤兵(じっぺい)部発行の軍事郵便などが並ぶ。

昭和15年12月入隊の木村氏は昭和17年1月から日記を書き始め、同年11月に予科練を卒業。名古屋海軍航空隊や宇佐海軍航空隊に所属し昭和19年にラバウルへ。グアム島に移動中飛行機が不時着し戦死した。

展示では、約1年間したためられた日記の中から日々の訓練内容や実兄「忠ちゃん」への思いなど17歳の等身大がつづられている。同館学芸員の小松崎一拓さんは「(手紙などに比べ)検閲も緩いためか軍隊生活への愚痴や一日の訓練の詳細な内容などが記され興味深い」と話している。

観覧料大人500円、小人300円。

■問い合わせ
[TEL] 029(891)3344/予科練平和記念館(阿見町廻戸5-1)

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。



前のページに戻る
イベント情報のトップに戻る

 

前後のイベント
美術展・企画展など長期間開催のイベントは、施設休館日でもカレンダー上に表示されております。あらかじめご了承ください。
1月26日(土)
1月27日(日)
1月28日(月)
1月29日(火)
1月30日(水)
1月31日(木)
2月1日(金)

 

Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2019-05-27更新 ]
  1. 学生55人によるアート展が、老朽化で使われなくなった学生宿舎・筑波大学平砂宿舎9号棟で6月2日(日)まで開かれている。
  2. 霞ケ浦最大の高速客船ジェットホイルつくば号で行く「潮来あやめ祭り定期船コース」が、6月1日(土)から計8回行われる。
  3. 米粉使用のバウムクーヘン専門店「LA VORO」がこのほどオープンした。
  4. 焼かりんとうで知られる「花小路つくば店」が、このほどつくば市吾妻に移転オープンした。
  5. 「茨城県中高生ダンスサミット第1回大会」が6月1日(土)と2日(日)ノバホールで開かれる。
  6. つくばみらい市伊奈東地区の住民らが地域交流の場として企画した「ほっこりサロン&子ども食堂」がこのほどオープンし、世代を超えた交流を楽しんでいる。
  7. 土浦市小野の「小町の館」では、昔ながらの手作業で行う田植え体験講座を6月1日(土)同館の棚田で実施する。
  8. 布の専門店「木綿屋こっとんちゃっく」では、毎年恒例の「はぎれ市」を5月30日(木)〜6月2日(日)までつくば店で開催する。
  9. 土浦駅から徒歩5分の複合テナントビル「つちうら横丁」がオープン3カ月を迎え、徐々に入居者を増やしている。市中心市街地活性化基本計画の認定を受けた民間主導の事業で、家賃補助などで創業を支援。中心市街地の空き店舗減を目指し、将来的な店子(たなこ)の独立を後押し。店舗同士のゆるやかなつながりも生まれている。
  10. つくば市に昨年オープンした「マニステージつくば」のマットレスが中高年を中心に好評を得ている。
前のページに戻る
イベント情報のトップに戻る

 

注目の記事
  1. リフォームイベント「オウチマワリフェア」が、5月24日(金)つくば市ふれあいプラザで開かれる。
  2. 春の宝篋山を歩くスタンプラリーが、5月25日(土)に行われる。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 5月30日から「はぎれ市」
  2. 腰痛・肩凝りに好評
  3. つくばみらい市伊奈東地区にオープン
  4. 「ふっくら、清潔、気持ちいい」
  5. 6月2日まで、学生らアートイベント
掲載案内