常陽リビング社カルチャー教室ブログ
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 茨城県のイベント情報 > 土浦の「おしゃべりネタ」写真展

茨城県のイベント情報


地図表示
[ 土浦市 ]

土浦の「おしゃべりネタ」写真展


2019年2月16日(土) 〜 2019年3月10日(日)

行政と市民が連携して企画。市民の会と事務局メンバー
行政と市民が連携して企画。市民の会と事務局メンバー

街中にある「話のネタ」になりそうな写真を広く市民から募り、土浦について来場者に思い思いに語ってもらおうというユニークな写真展が、2月16日(土)〜3月10日(日)まで土浦市民ギャラリーで開かれる。午前10時〜午後6時。入場無料。

同ギャラリー開館前に「人と街をアートでつなごう」と市民らが企画立案。行政と連携し、通常は静かに鑑賞する展示ホールを「土浦が好きな人たちでにぎやかにできないか」と主婦や映像作家、学生や元大学教員など実行委メンバーが集い、ツイッターやインスタグラムなども駆使して幅広い世代から作品を募った。

集まったのは、夕焼けの蓮田やおおつ野から望遠レンズで撮られた水郷公園、一昨年行われた霞ケ浦でのトライアスロン、1982年の土浦駅ビル建設中の写真ほか、毎日そこを通りかかる人しか気づかないような街の風景を切り取った約480点。

作品には来場者がコメントを書いて貼れるため「一つの作品から話がどんどん膨らみます。ぜひ老若男女、三世代でお越しください」と同会の立木弓子さん。

2月17日(日)午前10時から映像作家の関郷さんが新治地区の文化財や石仏を案内する撮影ツアーを開催。スマホなどで撮影した写真は会期中に展示される。定員30人。

■申し込み・問い合わせ
[TEL] 029(846)2950/土浦市民ギャラリー




前のページに戻る
イベント情報のトップに戻る

 

前後のイベント
美術展・企画展など長期間開催のイベントは、施設休館日でもカレンダー上に表示されております。あらかじめご了承ください。
2月13日(水)
2月14日(木)
2月15日(金)
2月16日(土)
2月17日(日)
2月18日(月)
2月19日(火)

 

Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2019-04-26更新 ]
  1. 縄文文化を体験する催しが、5月3日(祝)と4日(祝)美浦村文化財センターで開かれる。
  2. ものまねやマジックショーなど多彩なイベントが楽しめる催し「なつかし露店と大道芸人」が、5月3日(祝)〜6日(振休)牛久市久野町の牛久大仏で開かれる。
  3. 帆引き船フェスタが、5月3日(祝)かすみがうら市歩崎公園で開かれる。
  4. オークラフロンティアホテルつくばのカフェテラス「カメリア」が、大型連休に合わせ「GWファミリーブッフェ〜アジア・欧州カレー紀行」を実施する。
  5. さまざまな遊びや催しを集めた恒例の「鯉のぼりプロジェクトin岡堰」が、4月29日(祝)〜5月5日(祝)取手市の岡堰周辺で開かれる。
  6. 昔ながらの技法で作られた染物と織物の作品展が、5月6日(振休)まで龍ケ崎市歴史民俗資料館で開かれている。
  7. 手作り雑貨やアロマクラフトなどが並ぶ「初夏マルシェ」が、5月6日(振休)龍ケ崎市の温浴施設「竹屋陶板浴」で開かれる。
  8. 開店10周年を迎えたスペシャルティコーヒー豆専門店・トライブが、5月3日(祝)〜6日(振休)記念イベントを実施する。
  9. つくば市周辺を拠点に活動する作家団体「アートウェーヴつくば」の結成25周年を記念する作品展が、4月23日(火)〜29日(祝)まで県つくば美術館で開かれる。
  10. 創造の幅を広げる絵本の魅力が詰まった展覧会が、5月6日(月)まで土浦市民ギャラリーで開かれている。
前のページに戻る
イベント情報のトップに戻る

 

注目の記事
  1. こだわりの食パンが人気のカズキッチンが、昨年11月に移転オープン。米粉スポンジを使用するシェフ自慢のケーキはすべてグルテンフリーで提供している。
  2. 戦時下の広島が舞台のアニメ映画「この世界の片隅に」が、劇場公開から2年半を経て異例のロングランを続けている。現在、全国唯一の上映となった土浦市内の映画館はファンの間で広島市、呉市に続く「第三の聖地」に。こうした動きと呼応するかのように、土浦市内では市立博物館と連携した「海軍の街歩きマップ」が作製された。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 「なつかし露店と大道芸人」
  2. 布(ふ)れあい染織展
  3. 体喜ぶ初夏マルシェ
  4. 美浦で縄文文化を体験
  5. 家族で遊ぼう!「帆引き船フェスタ」
掲載案内