茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > バックナンバー > 1面記事バックナンバー

常陽リビング1面記事

2018年8月


2018年8月6日(月)


若手にバトン、手渡す夏
玉の数より、一瞬の美

玉の数より、一瞬の美

市民協賛ながら、競技大会に匹敵する高い芸術性で毎年10万人超が訪れる常総きぬ川花火大会。今年、約20年間大会を引っ張ってきた職員から若手にバトンが手渡されようとしている。後進に伝えたいのは、玉の数より一瞬の美。金額よりも熱意と情熱。そして、協賛者と市民への責任感。


2018年7月


2018年7月30日(月)


音楽と料理、「似てるよね」
つくば市出身の作曲家 小倉 良さん

つくば市出身の作曲家 小倉 良さん

松田聖子や高橋真梨子、BEGINなどのアーティストに数多くの楽曲を提供してきた音楽プロデューサーで作曲家の小倉良さんはつくば市出身。業界を裏方で支えながら育んだ人脈を生かして、昨年からは地元で音楽の身近な楽しさを知ってもらう催しを開催している。


2018年7月23日(月)


短時間預かりや交流部屋も
赤ちゃん連れで「ようこそ図書館」

赤ちゃん連れで「ようこそ図書館」

「館内ではお静かにー」。一昔前はこうした注意書きが多かった図書館の風景が徐々に変わりつつある。赤ちゃんや子連れでも周囲に気兼ねなくゆっくり本を選べ、短時間の託児サービスや親子で楽しめる講座など、育児に忙しい母親がリラックスできる街の図書館が各地に増えている。


2018年7月14日(土)


8月半ばから、県南8カ所で順次開催
光の芸術、伝統花火の世界

光の芸術、伝統花火の世界

門外不出の技術を村の祭礼に巧みに取り込んだ伝統的な花火が、今年も県南各所で行われる。夜の闇を切り裂く綱火、疫病払いの竜水、からくり人形を用いた仕掛け花火などの技術は、形を変え現在の花火大会に息づいている。8月半ばの「からかさ万灯」を皮切りに、今年も“熱い祭礼”のシーズンを迎える。


2018年7月9日(月)


多世代集える「ブックカフェ」人気
八郷地区つなぐ“地域の縁側”

八郷地区つなぐ“地域の縁側”

石岡市八郷地区にある古民家に月4回オープンするブックカフェが、世代間の垣根なく利用者を迎えている。若い移住者も増えている同地区の人々が気軽に集まり心地良く過ごせる場所で、地元住民が2年前から管理・運営。気兼ねなく立ち寄れて「なんとなく気にし合う、ゆるいつながりがつくれる」と注目を集めている。


Joyoliving News 1面記事バックナンバー
このページのトップへ

 

Ads by Google


facebookページ「つくスタ情報局 〜つくばスタイルの魅力発信!〜」
注目の記事
  1. 帰省時や懐かしい人への夏の手土産として、どら焼き専門店・志ち乃(土浦市)の「どら焼きの詰め合わせ」が好評を得ている。
  2. みずほの村市場では、恒例の「ひまわり迷路&夏野菜収穫体験」を、8月26日(日)まで開催している。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. ガスパチョの作り方&アレンジランチコース
  2. 夏休みものづくり体験
  3. 8月24日「星空コンサート」
  4. まつりつくば2018
  5. 全日本テコンドー協会土浦支部
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー
「常陽リビングニュース」アクセスランキング