茨城県地域情報紙「常陽リビング」
Beハウス・リモデル
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > バックナンバー > 1面記事バックナンバー

常陽リビング1面記事バックナンバー

2016年8月


2016年8月29日(月)


ポニーフィールドあみ代表 荻原昇二さん
「一生の財産」心の中に残したい

「一生の財産」心の中に残したい

乗馬体験や馬との触れ合いを通して子どもや高齢者の心身の癒やしと育成を行っている「ポニーフィールドあみ」代表・荻原昇二さんは、長男の不登校を機に仕事や家族と正面から向き合おうと長年勤務した団体から独立。友人も知人もいない阿見町に居を移し、人生を再スタート。生活は厳しくても、自分が本当にやりたかったことを模索しようと3頭のポニーと共に各地に足を延ばす。


2016年8月22日(月)


朗読ステーション「快の会」主宰・柴田恵子さん
声帯鍛える「声出し体操」考案

声帯鍛える「声出し体操」考案

「高い声が出にくい」「声がかすれる」といった悩みを抱えるシニア世代を中心に、発声や滑舌の改善に取り組むボイストレーニングや朗読会が注目を集めている。取手市を中心に活動する朗読ステーション「快の会」主宰の柴田恵子さんは現在、市内の病院で非常勤のリハビリ助手として働きながら、ぜんそくに悩んだ経験を生かした「声出し体操」を考案。健康志向の朗読を楽しみながら教えている。


2016年8月5日(金)


リオ五輪水球男子 大川慶悟選手
「異端の戦法」でベスト8狙う

「異端の戦法」でベスト8狙う

32年ぶりのオリンピック出場を決めた水球日本代表「ポセイドンジャパン」のフィールドプレーヤー大川慶悟選手(26)は土浦市出身。従来の戦術を覆す作戦を武器に、チームは昨冬のアジア選手権で宿敵中国を撃破。日本時間の8月6日から始まるリオデジャネイロ五輪予選リーグでは、体格に勝る外国人選手相手にスピードと体力で“世界基準”に勝負を挑む。


2016年8月1日(月)


地域の共助、考える場
「子ども食堂」県南で続々

「子ども食堂」県南で続々

全国に約300以上あるとされる「子ども食堂」が、ここ数カ月の間に県南でも広がりを見せている。満足に食事が取れない家庭への支援だけでなく、共働きの増加による孤食対策や地域交流など目的はさまざま。単なる食の施しにとどまらない「多世代交流の現場」から、共に助け合う社会の在り方が見えてくる。


Joyoliving News 1面記事バックナンバー
このページのトップへ

 

Ads by Google


つくばスタイル instagram フォトコンテスト
注目の記事
  1. 子どもから大人まで気軽に走れる「第25回つくば健康マラソン」が、2018年2月3日(土)TX研究学園駅前公園周辺道路で行われるのを前に、主催するつくば市では参加者を募集している。
  2. 色とりどりの丸い形のクッションマムや江戸時代に創り出された古典菊など約3000株を栽培する「うしく菊花公園」が牛久市女化青年研修所敷地内に開園し、訪れる人を楽しませている。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 開店4周年の感謝祭
  2. 11月22日、牛久相撲甚句会15周年
  3. 11月25日、渡辺保幸さんの講演会
  4. 美浦木原小「起業体験」5年目
  5. 11月18日〜20日、MON5周年謝恩セール
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー
「常陽リビングニュース」アクセスランキング