茨城県地域情報紙「常陽リビング」
Beハウス・リモデル
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > バックナンバー > 1面記事バックナンバー

常陽リビング1面記事バックナンバー

2016年6月


2016年6月27日(月)


夏の甲子園県大会7月7日に開幕
土浦日大高小菅新監督 全員野球で頂点へ

土浦日大高小菅新監督 全員野球で頂点へ

かつて取手二高野球部の三塁手として活躍し、1984年夏の甲子園大会で県勢初の優勝を経験した小菅勲さんが、今春から土浦日大高を率い7月7日からの県大会に臨む。普段は教壇に立ち生徒との時間も共有する「小菅野球」が選手に伝えるのは、どんなにピンチの場面でもナイン同士が信頼し、助け合える人間を育てること。同校野球部30年ぶりの悲願のため、厳しくも温かい怒号がグラウンドに響き渡る。


2016年6月20日(月)


「出島のお米、なぜおいしい?」
難しいことは楽しく、かすみがうら市民学芸員の会が調査

難しいことは楽しく、かすみがうら市民学芸員の会が調査

2014年度に認定見送りとなった「筑波山地域ジオパーク」。関係する自治体では、前回の反省を踏まえ市民参加の活動に力を入れている。中でもかすみがうら市では、シニア層を中心にした市民学芸員の会が「難しいことを簡単に、楽しく」をモットーに観光ガイドやジオツアーを企画。8月の現地審査に向け、故郷の土地の魅力を再発見している。


2016年6月13日(月)


つくばの自然は創作の源
ペーパークラフト作家 大熊 光男さん、酒井 志保さん夫婦

ペーパークラフト作家 大熊 光男さん、酒井 志保さん夫婦

ペーパークラフト作家の大熊光男さんと酒井志保さん夫婦は、かつてテレビ番組『ペーパークラフト王選手権』で競い合ったライバル同士。互いの技法と作品にひかれ合い、2001年から共同で創作を始めた。つくばの自然の中で2人の個性が融合して生み出される新たな作品は、これまでの技法を超えて動画の世界へ夢を広げる。


2016年6月6日(月)


「ゴミにしてたまるか!」幡再ボランティア躍動
常総豪雨で10万枚水没 再生Tシャツ、被災地に「届け!!」

常総豪雨で10万枚水没 再生Tシャツ、被災地に「届け!!」

2015年9月の関東・東北豪雨で被災した常総市のTシャツプリント工場が、NPOの協力で復興へ歩みを進めている。水没し廃棄予定だった大量のTシャツを再生しロックフェスなどで販売。若者を中心に古着のような風合いが人気の「常総リユースTシャツ」の売り上げは工場再建のほか、熊本地震の被災地など「見知らぬ隣人」にも届けられている。


Joyoliving News 1面記事バックナンバー
このページのトップへ

 

Ads by Google


つくばスタイル instagram フォトコンテスト
注目の記事
  1. 子どもから大人まで気軽に走れる「第25回つくば健康マラソン」が、2018年2月3日(土)TX研究学園駅前公園周辺道路で行われるのを前に、主催するつくば市では参加者を募集している。
  2. 色とりどりの丸い形のクッションマムや江戸時代に創り出された古典菊など約3000株を栽培する「うしく菊花公園」が牛久市女化青年研修所敷地内に開園し、訪れる人を楽しませている。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 開店4周年の感謝祭
  2. 11月22日、牛久相撲甚句会15周年
  3. 11月25日、渡辺保幸さんの講演会
  4. 美浦木原小「起業体験」5年目
  5. 11月18日〜20日、MON5周年謝恩セール
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー
「常陽リビングニュース」アクセスランキング