茨城県地域情報紙「常陽リビング」
Beハウス・リモデル
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > バックナンバー > 1面記事バックナンバー

常陽リビング1面記事バックナンバー

2015年2月


2015年2月23日(月)


3月7日に「ゆめあかり3・11」
主婦目線で無理なくまちづくり

主婦目線で無理なくまちづくり

家事や子育ての合間を縫って地元を元気にしたいと取手市在住の主婦で発足した「ゆめまっぷの会」は、郷土食の考案、市内散策の絵地図制作など主婦目線の取り組みを継続。協力し合えば何でもできると、3月7日(土)にキャンドルイベント「ゆめあかり3・11」を開く。


2015年2月16日(月)


エルヴィス・プレスリー研究家 鈴木 一彰さん
エルヴィスと歩んだ青春再び

エルヴィスと歩んだ青春再び

没後38年の今も人気が衰えない「エルヴィス・プレスリー」。日本のファンクラブ会長を務める鈴木一彰さん(つくば市、64歳)は、エルヴィスを知って人生が変わった。仕事と並行してファンクラブの運営に当たり、現在カルチャー教室で「エルヴィス・プレスリー」講座も開いている。


2015年2月7日(土)


若い世代の参加続々
ジョグパトで気軽に防犯

ジョグパトで気軽に防犯

ジョギングをしながら街を見守る防犯活動「ジョグパト」の社会実験がつくば市で始まって約4カ月。地域活動などに消極的だった30代〜50代を中心に参加者が増えている。ビブスを着たジョガー同士の交流も生まれ「新しい住民参加型防犯活動」として注目を集めている。


2015年2月2日(月)


子どもの貧困連鎖解消へ
子どもの貧困連鎖解消へ

子どもの貧困連鎖解消へ

平均所得の半分を下回る世帯で暮らす18歳未満の割合を示す「子供の貧困率」は、2012年に16.3%と過去最悪を記録。龍ケ崎市ではNPO法人が、貧困家庭の子どもを学習支援する無料塾を開設。生まれ育った環境に左右されず、進学や将来の夢につなげようと活動している。


Joyoliving News 1面記事バックナンバー
このページのトップへ

 

Ads by Google


つくばスタイル instagram フォトコンテスト
注目の記事
  1. 子どもから大人まで気軽に走れる「第25回つくば健康マラソン」が、2018年2月3日(土)TX研究学園駅前公園周辺道路で行われるのを前に、主催するつくば市では参加者を募集している。
  2. 色とりどりの丸い形のクッションマムや江戸時代に創り出された古典菊など約3000株を栽培する「うしく菊花公園」が牛久市女化青年研修所敷地内に開園し、訪れる人を楽しませている。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 開店4周年の感謝祭
  2. 11月22日、牛久相撲甚句会15周年
  3. 11月25日、渡辺保幸さんの講演会
  4. 美浦木原小「起業体験」5年目
  5. 11月18日〜20日、MON5周年謝恩セール
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー
「常陽リビングニュース」アクセスランキング