常陽リビング社カルチャー教室ブログ
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > バックナンバー > 1面記事バックナンバー

常陽リビング1面記事バックナンバー

2015年11月


2015年11月30日(月)


筑波大学大学院教授 三谷 純さん
世界が注目、立体折り紙の可能性

世界が注目、立体折り紙の可能性

コンピューターで折り紙の世界を広げた筑波大学大学院システム情報系情報工学域教授・三谷純さん(40)が注目されている。不可能とされてきた曲線形や流線形から球体も可能にした立体折り紙は形の面白さを表現する意匠的なデザイン。小さい頃から好きだったものづくりとコンピューターを合体させて誕生。その可能性は無限大に広がる。


2015年11月21日(土)


忍術道場主催 東アミールさん
忍者は常に「善い人」たれ

忍者は常に「善い人」たれ

日系ブラジル人の東(ひがし)アミールさん(29)は、命の危険と隣り合わせだった幼少期に憧れた忍術を極めようと6年前来日。現在は牛久市内で武神館東道場を主宰し、「忍者」の真髄を探求しながら愛する家族と共に異国の地で鍛錬を続けている。


2015年11月16日(月)


心つなげるシルバーの活躍
ベテランだからできること

ベテランだからできること

つくば市シルバー人材センターの男性有志による自転車再生事業と女性有志による子育て支援事業が少しずつ軌道に乗り、利用者を拡大。高齢者が地域と人をつなぐモデルとして注目されている。不用自転車を修理・再生する店舗「Gちゃり君」。子どもの一時預かりを主とする子育て支援ルーム「きずな」。人生の達人たちが、心の大切さを伝えている。


2015年11月9日(月)


刀鍛冶・宮下正吉さん 故郷つくばで挑戦
科学の街で伝統の技黙々と

科学の街で伝統の技黙々と

刀鍛冶「筑波刀鍛場」が2014年11月、つくば市内に誕生した。鍛冶師は同市で育った若き刀剣作家、宮下正吉(本名・輝)さん(31)。大学卒業後に長野県で約8年の修業を積み、故郷で独立。生活は楽ではないが、伝統技術の継承と「納得できる美しい刀を作る」ことを念頭に、鉄と葛藤する。


2015年11月2日(月)


地域住民と“共作”の和紙燈籠
心を癒やす、揺らぎとそよぎ

心を癒やす、揺らぎとそよぎ

筑波山麓の歴史や文化を盛り込み、青森のねぶた技法を用いた和紙燈籠を制作するデザイナー・星崎雪之さんが、新作に取り組んでいる。地域住民と交流を深めながら創り上げた作品は、「筑波」の由来と海が広がり養蚕が栄え始めた頃の山麓をイメージ。11月1日の筑波山神社「御座替祭」にて初披露する。


Joyoliving News 1面記事バックナンバー
このページのトップへ

 

Ads by Google


facebookページ「つくスタ情報局 〜つくばスタイルの魅力発信!〜」
注目の記事
  1. 取手市観光協会では、市内の名所や旧跡・季節の風景や催しなどを題材にした「とりで観光フォトコンテスト」の作品を募集している。
  2. 幼少期から女優の夢をひたむきに追い続ける宮崎さやさんは、茨城を舞台にした数々の映画に出演。ふとしたきっかけで入った演技の世界で地域のあたたかさを実感し、今春の高校卒業後は芸能活動に専念。大女優という夢に向け、地元茨城から一歩ずつ歩き出した。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 2月4日「伊東甲子太郎と幕末の同志」
  2. 2月11日、常総で水害スタディツアー
  3. 1月28日、もりやミュージックフェスタ
  4. 1月27日、冬休みこども会
  5. 第3代観光アンバサダー 1月31日まで募集
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー
「常陽リビングニュース」アクセスランキング