茨城県地域情報紙「常陽リビング」
茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > バックナンバー > 1面記事バックナンバー

常陽リビング1面記事バックナンバー

2014年12月


2014年12月20日(土)


下半身まひ負いながら二級建築士に合格 関 達則さん
投げ出すものか、もう一歩

投げ出すものか、もう一歩

高校時代に頸椎を損傷し、胸から下が不自由になった関達則さん(龍ケ崎市、30歳)が12月4日、二級建築士に合格した。突然の事故で、暗中模索の末に2013年春7年がかりで大学卒業。リハビリを乗り越え今では腕が上がるまでに回復。周囲の支えに感謝し「芸術性に富む、誰もが利用できる建物を建てたい」と小さな歩みを積み重ねる。


2014年12月15日(月)


国際交流団体「コスモエコー」
世界とつながる市民目線の手作り交流

世界とつながる市民目線の手作り交流

県南地域の外国人と日本人の架け橋になろうと1985年に発足した国際交流団体「コスモエコー」が、今年30年目を迎えた。言葉が通じなくても心は通じる―と交流した外国人は延べ約1000人、50カ国以上に及び、その架け橋は着実につながっている。


2014年12月8日(月)


横溝正史ミステリ大賞受賞 藤崎 翔さん
夢を追い、夢つながる

夢を追い、夢つながる

元お笑い芸人の小説家・藤崎翔さん(牛久市出身29歳)が『神様の裏の顔』で第34回横溝正史ミステリ大賞を受賞。安アパートで書き上げた受賞作にはボケやツッコミを配置し「神様のような故人」の裏の顔を暴いていく。「お笑いも小説も人を楽しませることは同じ」と健筆をふるう。


2014年12月1日(月)


つくば市OB人材活動支援事業
専門知識持つシニア人材が社会貢献

専門知識持つシニア人材が社会貢献

つくば市では、専門知識や技術を有する退職者の活動の場を増やそうと2008年「つくば市OB人材活動支援事業」をスタート。各自の専門分野や略歴、講義内容などを登録し、講師を探している人や団体に紹介する仕組み。「市の財産ともいえるつくば市シニア・エキスパートの活躍の場を広げたい」とPRに力を入れる。


Joyoliving News 1面記事バックナンバー
このページのトップへ

 

Ads by Google


facebookページ「つくスタ情報局 〜つくばスタイルの魅力発信!〜」
注目の記事
  1. 全国の窯元の陶器がそろう第17回牛久全国大陶器市が、9月24日(日)まで牛久市久野町の牛久浄苑・牛久大仏特設会場で開かれている。
  2. サッカー天皇杯で大学勢唯一の4回戦に駒を進めた筑波大。9月20日(水)の大宮戦に勝って8強入りすれば、Jリーグ発足以降初の快挙となる。初戦からYS横浜(J3)、ベガルタ仙台(J1)、アビスパ福岡(J2)と立て続けにJクラブを破る「ジャイアントキリング」を演じた強さの秘密は、一体どこにあるのか。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 「i-works1.0心地よい居場所のあるすまい。」
  2. 個性光る住宅完成見学会
  3. 友常クリニック10月に再オープン
  4. 9月29日、つくばでサイエンスカフェ
  5. 味噌らーめん500円
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー
「常陽リビングニュース」アクセスランキング