地図表示 印刷表示
Joyoliving News : 2020年11月12日掲載

地図と測量の科学館で企画展

測量用航空機の軌跡たどる

チラシより
チラシより

測量用航空機の軌跡をたどる企画展「空からの測量60年の歴史ーくにかぜが見た日本」が、地図と測量の科学館(つくば市北郷1、国土地理院構内)で12月20日(日)まで開かれている。

午前9時半〜午後4時。月曜休館(祝日の場合は順次翌日)、入場無料。

国土地理院では1960年(昭和35)に測量用航空機「くにかぜ」(ビーチクラフト・クイーンエア65)を導入。国土基本図整備事業のため、翌61年から空中写真撮影を開始した。

くにかぜは83年までに、日本の国土上空を地球5周半に相当する23万??を飛行し経済成長を遂げていく国土の姿を記録。

くにかぜの引退後、この役目は2号機の「くにかぜ?」(83年〜2010年)、3号機「くにかぜ?」(2010年〜現在)に引き継がれ、現在も災害時における緊急撮影や災害現況調査(情報収集)など行っている。

今回の展示では、3代のくにかぜが果たしてきた空中写真撮影や航空磁気測量などの役割、空中写真で見る地形の移り変わり、測量用航空カメラほか空中写真撮影に関する器材や資料なども紹介。

「空からの測量60年を振り返る展示です。国土地理院の測量事業推進に大きく貢献したくにかぜを通じ、地図や測量への理解と親しみを深めてもらえたら」と同館。

■問い合わせ
029(864)1872/地図と測量の科学館

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

地図表示 印刷表示
記事配信 [ 2020-11-12 09:30:45 ]
ソーシャルサービスで共有:
「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2020-11-26更新 ]
  1. 幸和義肢研究所主催による「聞こえと補聴器の相談会」が、11月27日(金)と12月11日(金)つくば国際会議場で開かれる。
  2. コロナ禍でも子どもたちに外遊びを楽しんでもらおうという催しが、11月21日(土)に土浦市うらら大屋根広場で開かれる。
  3. レストラン「さくらガーデン」が、「おせちオードブル」と「クリスマスオードブル」の予約を受け付けている。
  4. つくば市のピュアリーエフが、スマホの使い過ぎで猫背になった人に「背中セラピー機器のお試し体験」を実施している。
  5. 2020年11月末で7周年を迎える炭火焼肉・ホルモンの店肉八やの新ランチ「霞浦牛ローストビーフ2983丼」が好評を得ている。
  6. ジャズからロック、ワールドミュージックまでボーダーレスに活躍するトランペッター・渡辺隆雄さん。活動の原点は小5の時。所属した器楽部で初めて手にしたトランペットに魅せられ、その後中学・高校の吹奏楽部で腕を磨いた。
  7. 古くなった貸家やアパートを建て替える際に問題となる退去、立ち退きの交渉ノウハウを学べる講座が、11月28日(土)つくばイノベーションプラザで開かれる。
  8. 傾聴ボランティアの養成講座が、12月12日(土)土浦市の県南生涯学習センター軽運動室で開かれる。
  9. 茨城県では新型コロナウイルス感染症と季節性インフルエンザの同時流行に備え、発熱患者に対する診療・検査体制を新構築した。
  10. つくば市二の宮に昨年移転したモンゴルアンテナショップMONが、11月23日(祝)まで8周年大感謝祭を開催している。
Ads by Google

女性ライフスタイル情報紙「Chou*Chou」

注目の記事

イベントカレンダー

イベントを検索する
茨城・千葉・東京の婚活は結婚相談所LiBee Marriage(リビーマリッジ)

最新の特集

つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
PAGE TOP