2020年7月9日(木)

「守谷イメージ画」供用開始

名刺や名前シールに活用して

名刺などのワンポイントに使いやすいデザイン(守谷市提供)
名刺などのワンポイントに使いやすいデザイン(守谷市提供)

守谷市では、市内の小中学生と制作した「イメージ画」データの供用をこのほど開始。自由に活用することで市民一人ひとりが市のプロモーションに一役買ってもらい、広報紙やチラシなどさまざまなPR活動にも役立てていく。

「守谷イメージ画プロジェクト」は市の魅力を内外に発信しようと昨年から始まり、同市ゆかりのイラストレーター・イヌイマサノリさんが市内小中学校でワークショップを開くなどして今年1月に完成。黄色や赤が重なり「心のあたたかさ」が表現された絵の原画は現在、守谷中央図書館に展示されている。

供用されるデータはイメージ画のほか、絵の中に描かれたコジュケイやアヤメ、ヤマユリ、コミュニティバス、鳥がさえずる木道などのパーツ95種類で、市HP内「イメージ画プロジェクト」のページからダウンロードできる。使用者は市内外を問わないが、非営利目的外で使用する場合は申請が必要で、使用に当たっての注意事項なども併記されている。

■問い合わせ
Tel 0297(45)1111/守谷市シティプロモーション推進室

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

記事配信 [2020-07-09 08:30:46]

株式会社常陽リビング社 常陽リビング