地図表示 印刷表示
Joyoliving News : 2020年07月15日掲載

3歳児検診で「子どもの弱視」早期発見

下妻市、「ふるさと納税CF」で検査機器を県内初導入

数秒で目の異常が判別できる=6月22日、下妻市本城町
数秒で目の異常が判別できる=6月22日、下妻市本城町

下妻市では「ふるさと納税クラウドファンディング」を活用し、子どもの弱視を発見できる「スポットビジョンスクリーナー」をこのほど県内初導入。市保健センターで行われる3歳児検診で利用されている。

子どもの弱視の原因となる斜視や屈折異常(遠視、近視、乱視等)が誰でも容易に判別できる携帯型検査機器。昨秋、同市では寄付金の使途に応じて事業を立ち上げ資金を募る「ふるさと納税クラウドファンディング」を実施。

目標金額125万円のところ約1カ月半で約146万円を集めて機器を購入し、先月の3歳児検診から導入した。

この日は24人が受診し、うち3人の異常を発見。3歳5か月の長男と訪れた母親は「視力はなかなか親が気付いてあげられない問題。簡単な検査であっという間に終わった」と話していた。

市保健センターでは疑い例のある幼児の経過観察を行うと共に「小学校入学前に早期発見し治療に役立ててほしい。5歳児発達相談の際にも受けられるのでぜひ利用して」と呼び掛けている。

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

地図表示 印刷表示
記事配信 [ 2020-07-15 08:30:31 ]
ソーシャルサービスで共有:
「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2020-08-12更新 ]
  1. 木材やプランクトンなど動植物から生まれた再生可能なエネルギー「バイオマス」について学ぶ親子バスツアーが、8月20日(木)に実施される。
  2. まっくら観音で知られる勝福寺恒例の「まっくら観音ご縁日」が、8月9日(日)同寺で行われる。
  3. 現在、茨城県内の美術館ではさまざまな企画展が開催されています。誰もが知っているあの名作、元気をくれるかわいいイラスト、近現代陶磁史を彩る名品など眼福を味わえるものばかり。今回は各展の魅力を“ちょっとだけ”ご紹介します。
  4. 新型コロナウイルス感染症の影響で外出もままならない園児らに思い出をつくってもらおうと、このほどつくば市の島名保育園でポニーの乗馬体験が開かれた。
  5. 「TSUKUBA学びの杜学園」が、高等部後期入学生・転編入生を募集している。
  6. 原爆の恐ろしさを伝え被爆者援護の輪を広げる「2020原爆と人間展」が、8月9日(日)まで土浦市の県南生涯学習センターで開かれている。
  7. みずほの村市場が、「ひまわり迷路&夏野菜収穫体験」を8月23日(日)まで実施している。
  8. 映画「新聞記者」の原案者として話題を集めた記者を追ったドキュメンタリー映画「i 新聞記者ドキュメント」が、8月15日(土)クラフトシビックホール土浦で上映される。
  9. 牛久市の落花生専門店・味の老舗いしじまが、夏季恒例「割引セール」を8月8日(土)〜10日(祝)まで実施する。
  10. 縄文土器を研究・制作する上高津貝塚土器づくりの会の20周年記念展「縄文の美〜彩と艶」が、8月18日(火)〜23日(日)までアルカス土浦で開かれる。
Ads by Google

女性ライフスタイル情報紙「Chou*Chou」

注目の記事

イベントカレンダー

イベントを検索する
facebookページ「つくスタ情報局 ~つくばスタイルの魅力発信!~」

最新の特集

つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
PAGE TOP