地図表示 印刷表示
Joyoliving News : 2020年07月08日掲載

変わった遊び、体験しよう

つくばエキスポセンター

企画展のポスターより
企画展のポスターより

つくばエキスポセンターが、企画展「かわったあそびが大集合!〜つくって・ためして・かんがえる〜」を8月31日(月)まで実施している。

「ひかり」「かたち」「うごき」「おと」「かず」「デジタルえほん」の6テーマに分け、驚きとひらめきが生まれる独創的な遊びを展示。

あらゆる電気を通す素材を楽器にしてしまう「キッチンオーケストラ」や特別なメガネで覗くと不思議な色の世界が広がる「へんこうびじゅつかん」、ねじブロックを使って自由に動物を作る「ねじの動物園」など9つのコーナーが体験できる。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、入場には整理券が必要(会場で配布)。

また、プラネタリウムではこども番組「クレヨンしんちゃん 星空と学校の七不思議だゾ!」の上映がスタート。スケジュールなど詳細は同館ホームページを確認。

■問い合わせ
029(858)1100/つくばエキスポセンター(つくば市吾妻2-9)

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

地図表示 印刷表示
記事配信 [ 2020-07-08 09:30:43 ]


関連サイト

 

ソーシャルサービスで共有:
「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2020-08-13更新 ]
  1. 木材やプランクトンなど動植物から生まれた再生可能なエネルギー「バイオマス」について学ぶ親子バスツアーが、8月20日(木)に実施される。
  2. まっくら観音で知られる勝福寺恒例の「まっくら観音ご縁日」が、8月9日(日)同寺で行われる。
  3. 茨城百景にも選ばれている景勝地・かすみがうら市歩崎公園前にこのほど浮桟橋が完成。併せて霞ケ浦古民家風の宿泊施設もオープンした。
  4. 現在、茨城県内の美術館ではさまざまな企画展が開催されています。誰もが知っているあの名作、元気をくれるかわいいイラスト、近現代陶磁史を彩る名品など眼福を味わえるものばかり。今回は各展の魅力を“ちょっとだけ”ご紹介します。
  5. 原爆の恐ろしさを伝え被爆者援護の輪を広げる「2020原爆と人間展」が、8月9日(日)まで土浦市の県南生涯学習センターで開かれている。
  6. 新型コロナウイルス感染症の影響で外出もままならない園児らに思い出をつくってもらおうと、このほどつくば市の島名保育園でポニーの乗馬体験が開かれた。
  7. みずほの村市場が、「ひまわり迷路&夏野菜収穫体験」を8月23日(日)まで実施している。
  8. 「TSUKUBA学びの杜学園」が、高等部後期入学生・転編入生を募集している。
  9. 映画「新聞記者」の原案者として話題を集めた記者を追ったドキュメンタリー映画「i 新聞記者ドキュメント」が、8月15日(土)クラフトシビックホール土浦で上映される。
  10. 縄文土器を研究・制作する上高津貝塚土器づくりの会の20周年記念展「縄文の美〜彩と艶」が、8月18日(火)〜23日(日)までアルカス土浦で開かれる。
Ads by Google

facebookページ「つくスタ情報局 ~つくばスタイルの魅力発信!~」

注目の記事

イベントカレンダー

イベントを検索する
女性ライフスタイル情報紙「Chou*Chou」

最新の特集

つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
PAGE TOP