印刷表示
Joyoliving News : 2020年05月19日掲載

浦里酒造、高濃度アルコール製造

つくば市に120本寄贈


新型コロナウイルスの影響により医療現場等で消毒用アルコールの在庫が不足していることを受け、浦里酒造店(つくば市吉沼)がこのほどつくば市に高濃度アルコール120本を寄贈した。

先月、国がスピリッツとリキュールの酒類製造免許の取得手続きを簡素化したことを受け、同店では今月から製造を開始。高濃度アルコール「KIRITSUKUBA ALCOHOL66%」は95%の醸造用アルコールを仕込水で調整し、アメリカ大陸を横断する「ルート66」をもじってウイルス抑制に効果があるとされる濃度66パーセントで4000本を製造。店頭ほか市内の酒店などで販売している。

同店製造部で6代目蔵元の浦里知可良さん(28)によると、製造のきっかけは顧客からの要望が多く寄せられたこと。「地域の酒蔵としてできることは何かと考えていた。普段日本酒をたしなむ習慣のない方からもご来店いただいている」といい、これまでに400本余りが販売。近く県にも寄付する予定だという。1本720ミリリットル、税込1980円。

市では寄贈された高濃度アルコールについて、各所のニーズを聞き取りながら保育所や福祉施設などへの配布を予定している。

記事配信 [ 2020-05-19 09:30:10 ]
ソーシャルサービスで共有:
「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2020-06-05更新 ]
  1. ハチミツ専門店「武州養蜂園いきいき牛久店」が、「ローヤルゼリーの日セール」を6月9日(火)まで開催している。
  2. つくば市のピュアリーエフが、背中の歪みで悩んでいる人に「背中セラピー機器半額体験」を実施している。
  3. 「本格江戸前寿司を自宅で楽しめる」と、福鮨つくば店のテークアウトが好評を得ている。
  4. 利根町の寝具縫製工場「センショウ」が、ガーゼマスクの製造販売を開始した。
  5. 自然素材の注文住宅を提供するグッドリビングが、「自然素材の家づくり教室&体験会」を6月12日(金)〜14日(日)同社花井モデルハウスで実施する。
  6. 天然素材を使用し、製綿から仕立てまでを自社一貫で行う「ふとんのマスダ」では、羽毛布団リフォームや綿布団の打ち直しが好評を得ている。
  7. 一級建築士事務所「Beハウス」が、プロによる自宅出張DIYサポートを実施している。
  8. 新日本補聴器センター土浦店では、6月の補聴器月間に合わせた「聞こえの相談会」を6月30日(火)まで開催している。
Ads by Google

facebookページ「つくスタ情報局 ~つくばスタイルの魅力発信!~」

注目の記事

イベントカレンダー

筑波国際アカデミー

最新の特集

つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
PAGE TOP